« 店情報: 立喰そば・酒処「つきじ亭」(羽田空港第2ビル) | トップページ | 松山に着いて電車待ち … うどん「かけはし」(松山) »

出発を待つ間に立飲み … 立喰そば・酒処「つきじ亭」(羽田空港第2ビル)

たこ唐揚げとそば湯割り


 松山に帰省するため、羽田空港へとやって来た。

 余裕をもって自宅を出てきたので、出発の時刻まで、あと2時間ほどある。

 そこで第2旅客ターミナル地下1階にある、立喰そば・酒処「つきじ亭」で1杯飲んでいくことにした。

 店の入口にある券売機(食券の自動販売機)で、「生ビール中」(550円)と「ポテトサラダ」(360円)の食券を買って店内に入る。

 店内は厨房を挟んで左手が立ち食いコーナー、右手が座れるテーブル席コーナーになっていて、好きなほうに行っていいようだ。

 私は左手の立ち食いコーナーに行った。

 券売機の横に、『自動オーダーされています。食券はお持ちのままお待ちください。出来次第、食券番号でお呼び致します。食券と引き換えになります』と書いてあったので、空いてるところに立って待っていると、

「447番、448番でお待ちのお客様、お待たせしました」

 と厨房から声がかかり、生ビール中とポテトサラダがのせられたお盆を受け取って、食券を手渡した。

 ックゥ~ッ! よく冷えたビールが美味いのぉ。

 店内の壁には、「おしながき」と書かれたメニューが張り出されていて、そこにいろんなお酒やつまみが並んでいる。

 店の外の食券販売機には、つまみは「たこわさ」(310円)と「ポテトサラダ」(360円)の2品しかなかったのだが、こっちにはずらりと25品ほど。酒の種類も、食券販売機よりも多い。

「この『おしながき』にある料理や飲みものは、ここで直接注文したのでいいんでしょうか?」

 と厨房のおねえさんに確認してみると、

「はい。こちらでご注文をお受けします」

 という返事。

「それじゃ、『たこの唐揚げ』(470円)と、蕎麦焼酎『雲海』(520円)は、そば湯割りでお願いします」

 出てきたそば湯割りは、ちょっと焼酎が薄め(量が少なめ)かなぁ。その分、そば湯の量が多くていいんだけど。

 店内のポットに、そば湯が入ってるようなので、焼酎はストレートでもらって、自分で好みの配分のそば湯割りにするのもいいかもね。

 たこ唐揚げは、揚げたての熱々。くし切りレモンを添えて出してくれた。

 焼酎も飲み終えて、厨房のところに食器を返却に行くと、

「追加分が990円です」

 と店内で注文した分の清算をしてくれた。

 さっくりと1時間ほどの立ち飲みタイム。

 最初の食券分も加えた合計支払額は1,900円。

 羽田空港の中では、ぐんと安いお店だと思うけど、2品と2杯で1,900円というのは、都内の大衆酒場と比べると、やっぱり高いよね。

Img_2173a Img_2186a Img_2185a
立喰そば・酒処「つきじ亭」 / 店外の券売機 / 食券の注意書き

Img_2175a Img_2178a Img_2177a
食券 / 店内の様子 / ポテトサラダと生ビール

Img_2176a Img_2179a Img_2182a
店内壁のおしながき / 雲海のそば湯割り / たこ唐揚げ

店情報

《平成30(2018)年9月15日(土)の記録》

|

« 店情報: 立喰そば・酒処「つきじ亭」(羽田空港第2ビル) | トップページ | 松山に着いて電車待ち … うどん「かけはし」(松山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67321683

この記事へのトラックバック一覧です: 出発を待つ間に立飲み … 立喰そば・酒処「つきじ亭」(羽田空港第2ビル):

« 店情報: 立喰そば・酒処「つきじ亭」(羽田空港第2ビル) | トップページ | 松山に着いて電車待ち … うどん「かけはし」(松山) »