« 店情報: カレー家「麻ごころ(まごころ)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 懐かしブラジルビール … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »

倉嶋編集長とジャン酎 … カレー家「麻ごころ(まごころ)」(阿佐ヶ谷)

ジャン酎モヒート


 今日は古典酒場編集長の倉嶋紀和子さんが、阿佐ヶ谷のカレー家「麻ごころ」で番組の収録をしているということで、その収録が終わったあと、私も「麻ごころ」に伺った。

 ここ「麻ごころ」は、赤羽「まるます家」三姉妹の三女、玲子さんのご主人のお店。

 「麻ごころ」は、もとは埼玉の岩槻でオープンしたそうで、今年(2018年)の4月に阿佐ヶ谷に引っ越してきた。

 なにしろカレー家なので、カレーはビーフ、ポーク、チキン、チーズ、ミックス、ドライ、白い魚介と何種類かある上に、トマト、キャベツ、目玉焼、チーズ、コーンバターなどのトッピングも選べる。

 しかし、我われ呑兵衛にとって、なによりも嬉しいのは、「おつまみ」というメニューが別に用意されていて、そこに16種類ぐらいのつまみが、300~800円で並んでいること。

 もちろん飲みものも、ビール、酎ハイ/サワー類、ワイン、日本酒、焼酎、梅酒とそろっている他、なんと「まるます家」ゆずりの「ジャン酎モヒート」(氷、ミント、ライム付きのハイリキ1リットル瓶が1,500円)まであるのがいいであありませんか!

 倉嶋さんは、番組収録中からすでにジャン酎モヒートをグイグイとやっていて、私もさっそくジャン酎モヒートをいただいた。

 前々から気になっていた「麻ごころ」なんだけど、私自身は今日が初めての訪問。

 おつまみは、倉嶋さんイチオシの「紅茶鴨あぶり焼」(800円)からスタートし、倉嶋さんがつまみとして食べていたカレーも、ちょいと分けてもらったりしながら、これまたオススメの一品という「ツムギのオムレツ」(岩下の新生姜・チーズ・カレー粉入り、500円)から、「ジャークチキン」(800円)へと進んでいく。

 カレーもさることながら、おつまみも素晴らしい。けっして「カレーの片手間に」なんてレベルではなくて、それぞれが本格的だ!

 倉嶋さんご本人とお会いしたのは久しぶりなんだけど、毎日のようにSNSで拝見しているし、テレビでもよく拝見するので、なんだか久しぶり感はなくて、昨日に続いて、今夜も会ってるような感覚だ。

 ジャン酎モヒートも2本め、3本め、……と次々におかわりしながら、日本の酒場の話、ブラジルで一緒に飲んだ酒場の話と、話がつきることはない。

 ふと気がつけば、もう10時半。あっという間の4時間半だった。

 収録終わりで疲れているところ、長時間お付き合いいただきありがとうございました。>倉嶋さん

 お勘定は二人で4,800円。またぜひ来たいお店です。

Img_2118a Img_2121a Img_2123a
カレー家「麻ごころ」 / 紅茶鴨あぶり焼 / カレー

Img_2129a Img_2130a Img_2133a
紬のオムレツ / ジャークチキン / 壁・天井のペインティング

店情報

《平成30(2018)年9月12日(水)の記録》

|

« 店情報: カレー家「麻ごころ(まごころ)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 懐かしブラジルビール … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67317078

この記事へのトラックバック一覧です: 倉嶋編集長とジャン酎 … カレー家「麻ごころ(まごころ)」(阿佐ヶ谷):

« 店情報: カレー家「麻ごころ(まごころ)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 懐かしブラジルビール … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »