« トマトを肴に新ボトル … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | ガツ酢でレモンサワー … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

脂がのった八戸しめ鯖 … 立呑み「やきや」(荻窪)

しめさば


 八戸直送のイカ料理がほぼ200円均一。イカ料理以外のつまみ(もつ煮込、串刺フランク、めかぶ、みそきゅうり、漬物、冷奴、枝豆)はほぼ170円均一という「やきや」のメニューの中で、最も高いのが「しめさば」の270円だ。

 がしかし!

 この値段(270円)で、出される「しめさば」は、たっぷりとサバ半身分なんだから素晴らしいではないか! ものすごいコストパフォーマンスだ。

 ひとりで注文すると、これだけでけっこうお腹いっぱいになるぐらいの分量なのだ。

 「やきや」の「しめさば」は、八戸で1952(昭和27)年に創業した水産加工会社、株式会社マルヌシで作られたもの。

 八戸は、イカの街のみならず、サバの街でもあるのだ。

 この「しめさば」。食べてるうちに醤油の表面が脂でおおわれてくるぐらい、脂がのっているのが大きな特長だ。

 今日は、新しい眼鏡を受け取りに行ってから「やきや」に来たので、「やきや」到着は午後7時過ぎ。

 カウンター席には空きはなかったが、奥のテーブル席(立ち飲み+2名分の座り飲み)は空いていたので、テーブル席の、いちばんカウンター席よりのところに立つことができた。

 まずは「ホッピー」(320円)と、「げそ揚げ」(200円)を『タレかけ』(売り切れた後の「珍味わたあえ」のタレをかけてもらうオプション)でもらって飲み始めた。

 ここの「げそ揚げ」は、スルメイカのゲソを唐揚げにして、金属製のバットの上に並べてスタンバイしている。注文を受けて、それを小皿に取り分けてくれるのだ。

 だから決して揚げたてというわけではなくて、室温にめてるし、衣もしっとりとふやけている。

 でも、それが美味いんだな。

「この状態でしか食べたことがないけど、揚げたてもまた美味いでしょうねえ」

 となりの常連さんとそんな話をしていると、

「揚げたても美味いですよ!」

 と、女将さんと一緒に店を切り盛りしているカイトくん。

 「げそ揚げ」は昼ごろできあがって、その時間だと、ちょっとつまみ食いしたりできるそうだ。

 悔しいけれど、中の人だけの特権だな。

 「なか(おかわり焼酎)」(160円)をもらって、2品めのつまみは「いかしょうが棒」(200円)だ。

 これは棒状のさつま揚げ。いわゆる「いか棒」である。

 注文を受けてから焼き台で炙り、おろし生姜を添えて出してくれる。

 このおろし生姜に、ちょっと醤油をさして、生姜醤油にしていただくのがうまい。

 この「いかしょうが棒」もけっこうボリュームがあるので、もう1杯「なか」をもらって、それを半分ぐらい飲んだところで食べ終えた。

 いつものようにホッピーをソト1・ナカ4のペースで飲むとすると、あと1杯半。

 それに合うつまみを、ということで注文したのが冒頭でご紹介した「しめさば」(270円)だったのだ。

 半身分の「しめさば」は、刺身状に引いたら、たっぷりと10~12切れほどになる。

 今回は、身の厚さもよくわかるように、身を横に倒して撮影してみました。

 1時間半ちょっと楽しんで、今夜のお勘定は1,470円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_1993a Img_1977a Img_1979a
立呑み「やきや」 / ホッピー / げそ揚げ(タレかけ)

Img_1981a Img_1984a Img_1986a
いかしょうが棒 / しめさば / 身を横に倒して撮影

店情報前回

《平成30(2018)年9月3日(月)の記録》

|

« トマトを肴に新ボトル … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | ガツ酢でレモンサワー … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67223893

この記事へのトラックバック一覧です: 脂がのった八戸しめ鯖 … 立呑み「やきや」(荻窪):

» いか刺身を生姜醤油で … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 会社の帰り道にいつもの「やきや」。  自分にしてみると、けっこう足しげく通ってるんだけれど、この店の常連さん達には全くかなわない。  なにしろ、ほとんどの常連さんが毎日、必ずやって来るんだから!  私のように週に1~2回程度だと、他の常連さん達からは、『ときどき来るおじさん』ぐらいにしか見えてないんだろうなぁ。  今日はカウンターの中央部が空いていて、久しぶりにカウンターのど真ん中に立つことがで... [続きを読む]

受信: 2018.10.07 08:02

« トマトを肴に新ボトル … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | ガツ酢でレモンサワー … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »