« いか刺身を生姜醤油で … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | まずは鶏皮ポン酢から … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »

中島メンチで締め括る … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

中島メンチ


 「中島メンチ」(250円)もまた、「すっぴん酒場」の人気メニューのひとつ。

 これはメンチカツを炭火であぶって、食べやすいように4つに切り分けて、千切りキャベツの上にのせたもの。

 お好みで、カウンター上に置かれている「ブルドック中濃ソース」をかけていただきます。

 このメンチカツが、「すっぴん酒場」のすぐ近くにある「中島屋精肉店」の「自家製手造りメンチカツ」であることから、「すっぴん酒場」では「中島メンチ」と呼ぶようになったもの。

 炭火であぶると、カリッと仕上がるからいいんだね。

 金曜日の今日は、会社の会議室でちょっと飲んだあと、野方へ。「すっぴん酒場」に到着したのは8時40分だった。

 店の奥のほうで、大常連のS藤さんが飲んでいたので、その近くに立って、いつものように「黒ホッピー」(450円)と、「れば」「しろ」「ちれ」(各100円)を注文すると、なんと今日は「ちれ」が売り切れ。「れば」「しろ」からのスタートとなった。

 すぐに出されるお通し(100円)のお新香をつまみながら、黒ホッピーを飲んでいると、まず「れば」が焼き上がってきた。

 ちょうどそのタイミングでS藤さんが「らっきょう」(100円)を注文したので、私も便乗注文。

 この店の自家製「らっきょう」の季節も、そろそろ終わるので、今のうちに食べておかなきゃね。

 ここの「らっきょう」は、甘酢漬けなんだけど、甘みが強くない。甘酢漬けと塩漬け(塩らっきょう)との中間のような味わいで、すばらしい酒のつまみになるのだ。

(その後の顛末: 今年の「らっきょう」は9月17日に終了。私にとっては、この日の「らっきょう」が、今シーズン最後となりました。次に食べることができるのは、来年の7月下旬からですね。)

 そして「しろ」も焼き上がってきた。

 カリッと香ばしいのに、内部はほんわりと軟らかいのが、この店の「しろ」の特長。タレの味ともよく合うね!

 3杯めとなるナカ(ホッピーの焼酎おかわり、250円)をもらって、「豚バラ味噌だれ」(200円)を追加注文。トロリとした「味噌だれ」がいいんだな。

 そして最後、4杯め(ソト1・ナカ4)のナカで「中島メンチ」。

 そこへ入ってきたのは「野方の女神」こと、ポンちゃんだ。

 ポンちゃんは北海道の出身。

 昨日(2018年9月6日)の未明、北海道で震度7の地震が発生したので心配していたが、ご実家は無事だったとのこと。ひと安心だ。

 ゆっくりと2時間ほどの立ち飲みタイム。

 品物と引き換え払いの総支払額は2,050円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_2044a Img_2046a Img_2048a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピーとお通し / れば

Img_2049a Img_2051a Img_2055a
らっきょう / しろ / 豚バラ味噌だれ

店情報前回

《平成30(2018)年9月7日(金)の記録》

|

« いか刺身を生姜醤油で … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | まずは鶏皮ポン酢から … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67248550

この記事へのトラックバック一覧です: 中島メンチで締め括る … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

« いか刺身を生姜醤油で … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | まずは鶏皮ポン酢から … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »