« 松山に着いて電車待ち … うどん「かけはし」(松山) | トップページ | 東京に戻って煮込豆腐 … やきとり「戎(えびす)」(西荻窪) »

60周年記念パーティー … サントリーバー「露口(つゆぐち)」(松山)

福與さんと店主ご夫妻


 今日は、サントリーバー「露口」の60周年記念パーティー。

 この日は、店主・露口貴雄さんと二人三脚で店を切り盛りしている奥さま、朝子さんの誕生日でもありました。

 会は、この会の発起人でもある、サントリーホールディングス(株)の鳥井信宏・代表取締役副社長のご挨拶と、「露口」の常連さんでもある、地元放送局(南海放送)の元会長の乾杯で始まり、中村時広・愛媛県知事、野志克仁・松山市長の祝辞へと続きます。

 ビデオメッセージでは、愛媛に来るたびに「露口」に訪れているという『ユタカッチ』こと、指揮者の佐渡裕さんや、歌舞伎の中村勘九郎さん・七之助さんご兄弟、そして「酒場放浪記」の吉田類さんからの祝辞が紹介されました。

 そしてなによりも驚いたのが、サントリーのチーフブレンダー・福與伸二さんからお店に贈られたお祝いのウイスキー(6本)。

 もっとも若いモルトが「白州1988」(30年もの)で、「露口」が創業したときに造られた「山崎1958」(60年もの!)や、50年以上の「知多」(グレーンウイスキー)を使ってブレンドされた、「露口」向けスペシャルブレンデッドウイスキーでしだ。

 どんな香り、どんな味わいなんだろうなぁ。

 最後は、これまた地元放送局(愛媛朝日放送)の前会長の、大阪風の手締めで〆。

 着席式の会だったにもかかわらず、なにしろ全員が「露口」の常連さんなので、途中からはほとんどの人が立ち上がって、あちこちで常連さん同士の交流が行われるという、まるで立食パーティーなみの盛り上がり。

 素晴らしい会を企画・実行してくださった世話人のみなさん。本当にありがとうございました。

 それにしても、親子二代で、あるいは孫まで含めて三代で60周年という酒場は時々見かけるが、「露口」のように貴雄さん一代で60周年というのは、とてもすごいことだ。

 これからもぜひ、「露口」が長~く続きますように!

Img_2203a Img_2204a Img_2221a
60周年記念パーティー / 濃い目のハイボールや生ビールで乾杯 / 会場は常連さんだらけ

Img_2205a Img_2213a Img_2212a
歴史的な品々の展示 / サマークイーン授賞式 / 受賞時の朝子さん

Img_2214a Img_2217a Img_2208a
太田さんの著書も展示 / 酒場放浪記からの花束も / 会場内をご挨拶して回る店主ご夫妻

Img_2244a Img_2245a Img_2270a
サントリーから記念のウイスキー / ラベルのアップ / 出席者への記念品

店情報前回

《平成30(2018)年9月16日(日)の記録》

|

« 松山に着いて電車待ち … うどん「かけはし」(松山) | トップページ | 東京に戻って煮込豆腐 … やきとり「戎(えびす)」(西荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67322463

この記事へのトラックバック一覧です: 60周年記念パーティー … サントリーバー「露口(つゆぐち)」(松山):

« 松山に着いて電車待ち … うどん「かけはし」(松山) | トップページ | 東京に戻って煮込豆腐 … やきとり「戎(えびす)」(西荻窪) »