« 地元民のイチオシ料理 … 長崎ダイニング「出島亜紗(でじまあさ)」(長崎) | トップページ | 続いてホッピーとモツ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

成田空港から直接ここ … 立呑み「やきや」(荻窪)

自家製塩辛


 福岡・長崎への出張から東京に戻り、出張用の荷物を入れ替えたら、翌日にはセブ島(フィリピン)への出張に出発だ。

 初めて行ったフィリピンながら、その緯度は北緯10度。3年前に赴任していたレシフェ(ブラジル)が南緯8度だったので、北と南の違いはあるものの、その気候は近い。

 そのせいか、街の雰囲気もなにやらレシフェに似ていて、なんだかとっても懐かしい感覚だ。

 そんなセブ島での1週間の仕事を終えて、成田空港から成田エクスプレスに乗って、新宿経由で荻窪に到着したのは午後4時。ちょうど「やきや」の開店時刻だ。

 さっそく「やきや」に出かけていくと、さすがは土曜日。開店直後なのにほぼ満席で、入口すぐ前の、L字立ち飲みカウンターの、短辺の端っこ(L字の右下の場所)だけがかろうじて空いていた。

 海外出張帰りで荷物も大きいので、こういう端っこの場所は、後ろを通る人の邪魔にならなくてありがたい。

 さっそく「酒一杯(日本酒)」(250円)を注文すると、焼き台の女将さんが、

「最初から日本酒。珍しいですねぇ(笑)」

 と言いながらお酒を注いでくれた。

「1週間の海外出張から、いま帰ってきたところなんです。久しぶりに日本酒が飲みたくて」

「あらそうなの。それはお帰りなさい」

 つまみのほうは、「いかみみ刺身」(200円)を生姜醤油でいただく。

 あぁ~、うまいっ。日本に帰ってきたなぁ。

 となりで立ち飲んでいた男性がお勘定をして店を出て、かわりに入ってきたお客さんも、キャリーバッグを引いている。

「いま成田から着いたばかりです。ホッピーください!」

 とそのお客さん。あら、あなたもそうですか。自宅にも帰らず、成田空港から直接「やきや」にやって来るところに、「やきや」への愛を感じますねぇ。

 もう1杯、お酒をもらって、つまみはやっぱり「自家製塩辛」(200円)だ。これを食べなきゃ、「やきや」らしさが半減してしまう。

 さっくりと1時間弱の立ち飲みタイム。お勘定は900円でした。どうもごちそうさま。

Img_0830a Img_0824a Img_0825a
立呑み「やきや」 / 酒一杯 / いかみみ刺身(生姜で)

店情報前回

《平成30(2018)年10月13日(土)の記録》

|

« 地元民のイチオシ料理 … 長崎ダイニング「出島亜紗(でじまあさ)」(長崎) | トップページ | 続いてホッピーとモツ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港から直接ここ … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 閉店まで1時間で飲む … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 神戸からの帰り道。乗っていた新幹線が掛川駅で緊急停車した。  車内放送によると、姫路駅で人身事故が発生し、新幹線は全線で運転を取りやめているとのこと。  1時間ほどウトウトし、目が覚めてもまだ掛川駅に停まったまま。  ちょうどそこへ、車内販売のおねえさんがやって来た。  お酒は帰ってから飲もうと、車内で飲むのは控えていたが、他にすることもないのでビールでも飲みますかね。  私の前の席の人も同じ思... [続きを読む]

受信: 2018.11.24 07:00

« 地元民のイチオシ料理 … 長崎ダイニング「出島亜紗(でじまあさ)」(長崎) | トップページ | 続いてホッピーとモツ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »