« 成田空港から直接ここ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 〔コラム〕チェーン店ならではの安心感を求めて »

続いてホッピーとモツ … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

煮込み


 1週間の海外出張から帰国して、「やきや」で日本酒とイカ料理(刺身&塩辛)を堪能した後、いちど自宅に戻って荷物を置いたら、すぐさま「すっぴん酒場」に向かって出発だ。

 日本酒とイカに続いては、やっぱりホッピーとモツだよね。これらもまた、海外ではお目にかかれない品々だ。

 まずは「黒ホッピー」(450円)をもらうと、一緒に出されるお通し(100円)は大根、カブ、キュウリのお新香だ。

 そしてもつ焼きは、いつもの「れば」「しろ」「ちれ」(各1本100円)を注文した。

 セブ島(フィリピン)にいるときに、向こうの名物だという「仔豚の丸焼き(レチョン)」や、「シシグ」という、豚のほほ肉を細かく切って、玉ネギやニンジンと一緒に炒めた料理はいただいたんだけど、豚の内臓そのものを使った料理は出てこなかった。

 その前の週に、福岡~長崎方面に出張したときも、豚もつ料理はなかったので、実に2週間ぶりの豚もつだ。

 この店に来るたびに必ずいただいてる「れば」「しろ」「ちれ」だけど、今日はひときわ美味しく感じるのぉ!

 「ナカ(おかわり焼酎)」(250円)と一緒に、常連のS藤さんが注文した「白菜漬け」(100円)を、こっちも便乗注文した。

 「白菜漬け」は冬場の人気の品。「らっきょう」が終わって残念な気がしてたけど、すぐに「白菜漬け」の季節になりましたね。

 つらつらとカウンター上部にかけられた短冊メニューを眺めているたところ、「ももねぎ」(150円)というメニューを発見。

 おろっ? こんなメニュー、以前からあったかなぁ? 少なくとも私は食べた記憶がない。

 さっそくその「ももねぎ」を注文し、「ナカ」ももらう。

 「ももねぎ」は予想どおり、ひと口大にカットした鶏もも肉と白ネギを、交互に刺して焼いたもの。しっかりと旨みのある鶏もも肉がいいね。

 最後はやっぱり「煮込み」(400円)で締めくくる。ここの「煮込み」が好きなんだ。

 たっぷりと2時間半ほどの立ち飲みタイム。キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は2,350円なり。

 どうもごちそうさま。

 やぁ、これで日本酒切れ、イカ切れ、ホッピー切れ、もつ切れのすべてが解消した。良かった良かった。

Img_0832b Img_0833b Img_0835b
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / れば

Img_0836b Img_0839b Img_0841b
しろ / ちれ / 白菜漬け

Img_0843b Img_0844b Img_0850b
ももねぎの短冊 / ももねぎ / 煮込みは箸代わりの串でいただく

店情報前回

《平成30(2018)年10月13日(土)の記録》

|

« 成田空港から直接ここ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 〔コラム〕チェーン店ならではの安心感を求めて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続いてホッピーとモツ … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 西武新宿線酒場巡り1 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 高校の同級生、Yさんがお仕事の関係で松山から上京。  「西武新宿線沿線の酒場で飲みたい」という希望を受けて、午後6時半に野方駅改札前で待ち合わせることにした。  Yさんは昨年の10月にも上京する機会があり、そのときは四ツ谷の「鈴傳」で一緒に飲んだ。  それ以来、1年ぶりの再会である。  事前に考えていた候補店は2軒。  東京西地区を代表する人気もつ焼き店の1軒である「秋元屋」と、ていねいな仕事で... [続きを読む]

受信: 2018.11.26 07:47

« 成田空港から直接ここ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 〔コラム〕チェーン店ならではの安心感を求めて »