« 関東煮をつまみに乾杯 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) | トップページ | 新幹線を待つ間に一杯 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

鳥好名物をあれこれと … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山)

どて煮(鶏皮みそ煮)

 福山市内での仕事を終えて、福山駅前のホテルに戻ってきたのは午後6時過ぎ。

 満を持して洋食・おでんの「自由軒」に向かったものの、なんと待ってる人もいるほどの満席状態。さすが人気店だ。

 でも大丈夫。このすぐ近くに、去年もやって来た、やき鳥と季節料理の「鳥好」がある。

 昭和41(1966)年の創業。50年以上の歴史を誇る老舗である。

 間口こそ狭いものの、店内は奥に向かって長い造りになっていて、左手がカウンター19席。右手小上がりに、4人用座卓が5台、奥に向かって並んでいて、このフロアだけで39人座れるほか、2階には35席の座敷もあるらしい。

 我われ3人は、1階小上がりの4人用座卓のひとつを囲み、お得な「鳥好晩しゃくセット」(1,000円)からスタートする。

 この晩酌セットは、生ビール中と焼き鳥が串(ねぎま)と、つくね。さらに冷やっこ(ハーフ)と枝豆(ハーフ)が付いて、飲み会のスタートにぴったりなのだ。

 生ビールに続いては、地元・福山の地酒「天宝一」(1合450円)を燗酒でいただく。

 他のメンバーも生ビールをおかわりしたり、麦焼酎「いいちこ」(370円)を水割りでもらったりしている。

 せっかくの「鳥好」なので、「鳥好」ならではの料理も頼まないと。

 その筆頭はなんと言っても「鶏皮のみそ煮」なんだけど、この店では「どて煮」(500円)と呼んでいる。

 串カツや天ぷらも、「鳥好」をはじめとする呉の『とりや』の特徴的な人気メニュー。

 焼き鳥にするのと同じ串を、衣を着けてカツにしたり、天ぷらにしたりしたものである。

 「ささ天(ささみ天ぷら)」(1本160円)、「ずり天(すなずり天ぷら)」(1本160円)、「ささみかつ」(1本160円)を、それぞれ3本ずつ注文。

 天ぷらは、あらかじめかけられているポン酢醤油で、カツには卓上のウスターソースをかけていただきます。

 呉には「串(ねぎま)」のカツ(←これを『串カツ』と呼ぶ)もあるんだけど、こちら福山にはないなぁ。

 さらに「天宝一」の燗酒をおかわりして、「たこ天ぷら」(550円)と「しいたけ」(2本350円)も追加注文。瀬戸内に来たら、タコの天ぷらも食べなきゃねぇ。

 そしてもう1品、「鳥好」と言えば「スープ鍋」(550円)だ。

 同行者たちに「鶏ガラのスープで、豆腐を煮たものなんだけど……」と説明すると、「なにそれ? まったくそそられんなぁ」と事前の評判は悪かったんだけど、出てきた「スープ鍋」を食べると、みんな納得してくれた。

 このスープで煮込んだ豆腐に、同じ鍋に入っている玉子をからめて食べるのが美味いんだ。

 このスープ豆腐や、ささみ天ぷら、串かつ(ねぎまカツ)などは、首都圏だと横須賀の「鳥好」で食べることができます。

 さらに、「冷やしトマト」(280円)や「ポテトフライ」(350円)を追加注文して、飲みものは麦焼酎「二階堂」(370円)のロックへとシフトする。

 〆の「焼めし」(500円)は、1人前を3人で分けていただく。

 「焼めし」もまた、「鳥好」の名物のひとつ。

 「鶏皮みそ煮」にしても、「焼めし」にしても、元々は捨てていた鶏皮や鶏油チーユを、なんとか有効利用できないものかと工夫して生まれた「本家鳥好」(昭和26(1951)年創業)のオリジナルメニューなのだ。それが、他の「鳥好」グループや、呉の『とりや』に広まった。

 ここ福山「鳥好」の創業者(現在の店主のご両親で呉出身)は、松江で親戚の方が営業していた「鳥好」で修業したあと、昭和41(1966)年に、ここ福山で「鳥好」を創業した。

 現在はご存知のとおり、皮を「食べられないもの」として捨てるようなお店はなくて、福山「鳥好」でも、鶏肉とは別に、皮だけを別の肉屋さんから仕入れているほど。その仕入れ価格もけっして安くはないそうだ。

 「焼めし」を炒めるのにも、鶏油ではなくサラダ油を使っているとのこと。それでもこの「焼めし」は、間違いなくうまい!

 その「焼めし」も、そろそろ食べ終わるかというタイミングで、地元球団のカープのリーグ優勝が決定した。

 店の中は大騒ぎになるかと思いきや、地元のお客さんたちはとっても冷静にテレビ画面を見つめている。

 マジックが出てから今日までが長かったし、一昨年、昨年に続いて、3年連続のリーグ優勝ということもあるしで、そこまでの驚きはないんだろうな。

 そんなわけで、最後に『カープ優勝当日と翌営業日に、生ビール(中)1杯サービスいたします!』という生ビールをいただいて〆とした。

 お勘定は3人で12,900円(ひとり当たり4,300円)でした。どうもごちそうさま。

Img_0099a Img_0100a Img_0103a
「鳥好」 / 店頭の案内 / 鳥好晩しゃくセットを注文

Img_0105a Img_0106a Img_0108a
生ビール / 枝豆(ハーフ) / つくね

Img_0109a Img_0113a Img_0124a
串(ねぎま) / 冷ヤッコ(ハーフ) / 福山の地酒「天寶一」(燗酒)

Img_0118a Img_0119a Img_0122a
ささ天 / ずり天 / ささみかつ

Img_0114a Img_0115a Img_0130a
おしながき / お飲物 / たこ天ぷら

Img_0131a Img_0133a Img_0136a
しいたけ / スープ鍋 / 小鉢に取り分けたスープ鍋の豆腐と玉子

Img_0138a Img_0140a Img_0141a
冷やしトマト / ポテトフライ / 麦焼酎「二階堂」(ロック)

Img_0142a Img_0146a Img_0147a
焼めし / カープ優勝の生ビールを / 優勝サービスでいただいた!

店情報前回

《平成30(2018)年9月26日(水)の記録》

(次回)20.01.15 創業から続くスープ鍋 … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山)

|

« 関東煮をつまみに乾杯 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) | トップページ | 新幹線を待つ間に一杯 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥好名物をあれこれと … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山):

« 関東煮をつまみに乾杯 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) | トップページ | 新幹線を待つ間に一杯 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »