« いろいろ食べたいけど … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 西武新宿線酒場巡り2 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

西武新宿線酒場巡り1 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

煮込み


 高校の同級生、Yさんがお仕事の関係で松山から上京。

 「西武新宿線沿線の酒場で飲みたい」という希望を受けて、午後6時半に野方駅改札前で待ち合わせることにした。

 Yさんは昨年の10月にも上京する機会があり、そのときは四ツ谷の「鈴傳」で一緒に飲んだ。

 それ以来、1年ぶりの再会である。

 事前に考えていた候補店は2軒。

 東京西地区を代表する人気もつ焼き店の1軒である「秋元屋」と、ていねいな仕事で安定の味わいの「すっぴん酒場」だ。

 豚のもつ焼きは、地方ではなかなか鮮度が良くて、焼き具合や味付けもいい状態のものを食べることができないので、ぜひ「秋元屋」か「すっぴん酒場」で味わっていってほしいのだ。

 あとはYさんの希望次第。

 5分前ぐらいに改札口に到着すると、Yさんはすでに到着していた。

「豚のもつ焼きが食べられるお店に行こうと思うだけど、もつ焼き以外にもいろんな料理を食べることができる大衆酒場的な大人気店と、立ち飲みの、ほぼもつ焼き専門店とどっちがいい?」

 と聞いてみると、「おまかせするけど、ひとクセあるお店のほうが面白そう」ということだったので、「すっぴん酒場」にご案内することにした。

 東京らしい飲みものは、なんといってもホッピー。「すっぴん酒場」のホッピーは、黒しかないので、さっそくその「黒ホッピー」(450円)をもらって乾杯すると、今日のお通し(100円)は「豚れば生姜煮」だ。

 この店はキャッシュ・オン・デリバリー(品物と引き換え払い)。各人の前に置かれたお金を入れるかごに、あらかじめお金を入れておくと、お酒や料理が出されるたびに、その中から料金を取り、おつりを入れてくれるのだ。

 ちょっと遅れて、同じ高校の1年後輩で、この近くに住んでいるWさんも到着した。

 焼きものはそれぞれ好きなものを注文することにして、私はいつものように「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)からスタートする。

 私が上京したときには、もつ焼き屋のメニューに書かれている部位が、どこのことやらさっぱいわからなくて困ったものだが、東京暮らしが長いWさんはもちろん、学生時代を東京で送り、その後もちょこちょこ上京しているYさんも、もつ焼きのことはよくご存じのようで、まったく問題なく好きなものを注文している。

 YさんもWさんも「すっぴん酒場」は初めてだというので、ここのお店の名物のひとつ、「しょうがみょうが」(200円)をひとり1本ずつ焼いてもらうことにした。

 これは、その名称のとおり、生姜しょうが茗荷みょうがの肉巻きのこと。しかしながら、1串に6個の肉巻きが刺さっているうち、頭から4個めだけが茗荷巻きで、それ以外の5個は生姜巻きと、生姜巻き比率が圧倒的に多いのだ。

 他のお客さんから「煮込み」(400円)の注文が飛んだところで、我われもそれに便乗して「煮込み」を注文した。

 もつ煮込みも、東京のもつ焼きの名店でいただくと、すばらしく美味しいですからねぇ。ぜったに食べて帰ってもらわなきゃ。

 1時間半ほど立ち飲んで、ホッピーはソト1・ナカ4。個々別々の支払いで、私の分の総支払額は2,200円でした。(他の二人もほぼ同じぐらい。)

 どうもごちそうさま。

 さぁ、次の店に向かいましょう!

Img_0970a Img_0971a Img_0973a
黒ホッピー / 豚れば生姜煮(お通し) / れば

Img_0975a Img_0976a Img_0977a
ちれ / しろ / しょうがみょうが

店情報前回

《平成30(2018)年10月23日(火)の記録》

|

« いろいろ食べたいけど … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 西武新宿線酒場巡り2 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67411704

この記事へのトラックバック一覧です: 西武新宿線酒場巡り1 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» れんこんで締めくくる … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 仕事関係の懇親会を終えて、「すっぴん酒場」に到着したのは午後9時過ぎ。  大勢で飲んだあとは、ひとりで静かにクールダウンだ。  いつものように「黒ホッピー」(450円)をもらって、「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)を注文すると、すぐに出されるお通し(100円)はお新香である。  そのお新香をつまみながら黒ホッピーを飲むうちに、まずは「れば」のタレ焼きがやってくる。  ここの「れば」は、しっか... [続きを読む]

受信: 2018.12.03 07:36

« いろいろ食べたいけど … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 西武新宿線酒場巡り2 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »