« アラカルトで4時間半 … 南米料理「ROMINA(ロミーナ)」(四ツ谷) | トップページ | 店情報: ビヤホール「ニユートーキヨー」(東京) »

よく焼きが大きな特徴 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

煮込み


 土曜日の夕方、トコトコとやって来たのは野方の立ち飲みやきとん店、「すっぴん酒場」だ。

 店に着いたのは午後6時半。

 奥の生ビールサーバーの前で、大常連のS藤さんが飲んでいたので、その横に立って、黒ホッピー(450円)をもらうと、今日のお通し(100円)はミニマカロニサラダだ。

 焼きものは、いつものとおり、れば(100円)、しろ(100円)、ちれ(100円)を1本ずつ焼いてもらう。

 ここの「やきとん」は、しっかりとよく焼きになっているのが大きな特徴。

 といっても、けっして焼き過ぎではなくて、肉の焼き加減で言うとミディアムウェル。ちょうど中まで火が通った状態だ。

 すぐ近くの「秋元屋」などは、ミディアムレアぐらいの感じで焼き上げてくれる。

 もつの鮮度がいいので、ミディアムレアがうまいんだなぁ。

 私も以前は「秋元屋」系のミディアムレアの「やきとん」が好きだった。

『「やきとん」はこのくらい軽めに焼くのがベストだ!』

 と思い込んでいた。

 その思いに変化が起こったのは、ブラジルに赴任していた時。

 ブラジルでは、肉は絶対にウェルダンにする。中に生っぽい部分が残ってるなんてことはあり得ないのだ。

 だから焼き上がった肉は、とっても硬い。

 ナイフで切るにも、ギコギコと、まるでのこで引くような感じで、一所懸命に切らないといけない。

 そして口に入れても硬い硬い。ものすごく噛まないといけない。

 最初の頃はその硬さがイヤだったんだけど、毎日毎日、よ~く噛んで食べているうちに、ミディアムのときとは違う肉の旨みに気がついた。

 それに慣れてくると、一時帰国して「やきとん」を食べる時も、軽めの焼き方では少し物足りなく感じるようになってきた。

 その時に改めてミディアムウェルの「すっぴん酒場」の「やきとん」の旨さに気付き、それ以来、この店に通うことが多くなっているのでした。

 S藤さんの向こう側で飲んでいる、これまた大常連のS木さんから「煮込み」(400円)の注文が飛んだところで、私もその「煮込み」を便乗注文した。

 ここの「煮込み」は、仕込みを終えて冷蔵庫で保管しているものを、注文を受けて小鍋に移し、豆腐を入れて再加熱して仕上げてくれる。

 だから出来上がりの状態が安定している。早い時間帯に来ても、遅くに来ても、「煮込み」の味や、もつの硬さにムラがないのだ。

 午後9時前まで、2時間半ほど立ち飲んで、ホッピーはソト1・ナカ4。

 キャッシュ・オン・デリバリーでの支払合計は、ちょうど2千円でした。

 どうもごちそうさま!

P.S.: 今日、11月11日は「立ち飲みの日」です!

Img_0002a Img_0003a Img_0004a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / ミニマカロニサラダ(お通し)

Img_0007a Img_0008a Img_0010a
れば / しろ / ちれ

店情報前回

《平成30(2018)年9月22日(土)の記録》

|

« アラカルトで4時間半 … 南米料理「ROMINA(ロミーナ)」(四ツ谷) | トップページ | 店情報: ビヤホール「ニユートーキヨー」(東京) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67368897

この記事へのトラックバック一覧です: よく焼きが大きな特徴 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» プリップリこぶくろ刺 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 ときどき食べたい「もつ刺身」。  といっても、2015年6月12日から、豚の生食は禁止されているため、「もつ刺身」と言いつつも、実際には「もつの冷製」。  ゆで冷ました豚もつを、小さく刻んだものだ。  ここ「すっぴん酒場」で食べられる「もつ刺身」は、「こぶくろ刺」(400円)と「がつ刺」(400円)の2種類。  どちらも、小さく切る前の状態で冷蔵保存されていて、注文を受けてから刺身に引いてくれる... [続きを読む]

受信: 2018.11.17 07:00

« アラカルトで4時間半 … 南米料理「ROMINA(ロミーナ)」(四ツ谷) | トップページ | 店情報: ビヤホール「ニユートーキヨー」(東京) »