« 鳥好名物をあれこれと … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ | 久しぶりにセンターで … 立呑み「やきや」(荻窪) »

新幹線を待つ間に一杯 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

小いわし天ぷら


「自由軒」 3度目の正直。今日こそ入れた「自由軒」だ。

 なにしろ今日は、福山での仕事の最終日で、午前中に仕事が終わったため、福山駅前まで戻ってきたのは午後2時過ぎ。

 ランチも終わった昼下がりで、もっともいてる時間帯だからなぁ。それでも半分ぐらいの席が埋まってるのが、大人気の「自由軒」ならではだ。

 予定の新幹線まで、1時間ほどしかないので、急げ急げ。

 同行のお二人は生ビール(600円)を、私は大ビール(大瓶ビール600円)をキリンでもらって乾杯し、最初のつまみはおでんから。

 ひとりひとり好きなものを1品ずつもらうことにして、Tさんは「だいこん」(150円)を、Aさんと私は「すじ」(300円)を、それぞれ「自由軒」独自の味噌だれでいただいた。

 おでんはサッと出してくれるので、今日のように時間がないときはちょうどいいよね。

 そのおでんが出たところで、共に瀬戸内海の海の幸である「小いわし天ぷら」(400円)と「ちいちいいか酢味噌」(400円)も注文すると、入口横の冷蔵陳列ケースでスタンバイされている「ちいちいいか酢味噌」は、あっという間にやってきた。

 そして、「おでん」や「ちいちいいか」を食べ終えるころに、ちょうど「小いわし天ぷら」もできあがってきた。

 さっくりと45分ほどの滞在。お勘定は3人で3,350円(ひとり当たり1,117円)でした。

 少しばかりあわただしかったけれど、ちゃんと「自由軒」にも来ることができて良かった良かった。

 どうもごちそうさま。

Img_0156a Img_0157a Img_0158a
大ビール / すじ / ちいちいいか酢味噌

店情報前回

《平成30(2018)年9月27日(木)の記録》

|

« 鳥好名物をあれこれと … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ | 久しぶりにセンターで … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線を待つ間に一杯 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山):

» フライもうまい太刀魚 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) [居酒屋礼賛]
 東京駅から新幹線で3時間半。午後2時前に福山駅に到着した。  改札を抜けたら、そのまま「自由軒」に直行である。  この時間帯でも「自由軒」は7~8割ほどの入り。さすがは人気店である。  まずは「大ビール」(600円)をアサヒでもらい、いつものようにおでんの「豆腐」(150円)と「すじ」(300円)からスタートする。  味付けはもちろん「味噌」。この独自の味噌ダレが、「自由軒」の大きな特徴だ。  ... [続きを読む]

受信: 2018.12.13 07:00

« 鳥好名物をあれこれと … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ | 久しぶりにセンターで … 立呑み「やきや」(荻窪) »