« 立飲みでサクッと1杯 … 「ホッピー仙人」(日ノ出町) | トップページ | 冬のお宝刺身盛り合せ … 「土風炉(とふろ)」(品川) »

和やかな空気がいいね … ジャズと演歌「papa john(パパジョン)」(桜木町)

パパジョン


 「ホッピー仙人」を出ると午後10時過ぎ。

 ここでみんなとは解散して、ひとりで向かったのは同じ都橋商店街の2階にあるバー「野毛ハイボール」だ。

 入口扉を開けて店内に入ると、あれれ? 先客が誰もいない。

 いつも満席状態の「野毛ハイボール」。こんな状況は見たことがない。

「ごめんなさい。今日は早じまいなんですよ」

 と店主のハルさん。なるほど! そういうことでしたか。

 早じまいに向けて、後片付け中のハルさんと、立ち話的に近況の交換をして店を出た。

 そして向かったのは、ジャスと演歌の「パパジョン」だ。

 一昨年の4月以来なので、実に2年半ぶりだ。

 店内はけっこうにぎわっていたが、L字カウンターの奥のほうの席に滑り込むことができた。

 ここに来ると、やっぱり角ハイボール。

 店を切り盛りしている二代目店主のケンちゃんこと、島村研一さんに角ハイボールを注文する。

 ハイボールが濃いのがいいよね。

 お通しとして出されるのは、あられや落花生などのおつまみセットだ。

 「パパジョン」の開業は昭和55(1980)年3月。

 それ以来、創業店主の故・島村秀二さん(研一さんのお父さん)は年中無休の営業を続け、途中から研一さんも加わったことで、平成20(2008)年2月14日に70歳で亡くなられた後も、そのお通夜が営まれた2月17日の前夜まで、連続10,188日間(28年弱)の無休営業記録を築き上げたのだった。

 二代目になってから、若いお客さんも増えたようだ。

 でも店内にずらりと並んだ角瓶や、LPレコードでジャズが流されることなどは変わっていない。それがうれしいなぁ。

 その後もお客はどんどん増えてきて、ついには満席。

「立ってなら飲めるよぉ~っ!」

「はいはい~っ!」

 と立ち飲みのお客さんたちも増えていく。

 なんとも和やかな雰囲気だなぁ。

 私ももう1杯、角ハイボールをおかわりして、1時間半ほどの酒場浴。

 ハイボール2杯とお通しで、今夜のお勘定は2千円でした。どうもごちそうさま。

Img_1767c Img_1766c Img_1768c
ジャズと演歌「パパジョン」 / 店頭の電灯看板 / 店内の様子

Img_1769c Img_1771c Img_1776c
角ハイボール / お通しのおつまみセット / ホワイトボードメニュー

店情報前回

《平成30(2018)年11月28日(水)の記録》

|

« 立飲みでサクッと1杯 … 「ホッピー仙人」(日ノ出町) | トップページ | 冬のお宝刺身盛り合せ … 「土風炉(とふろ)」(品川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和やかな空気がいいね … ジャズと演歌「papa john(パパジョン)」(桜木町):

« 立飲みでサクッと1杯 … 「ホッピー仙人」(日ノ出町) | トップページ | 冬のお宝刺身盛り合せ … 「土風炉(とふろ)」(品川) »