« 南店は午後4時に開店 … やきとり「たつや南店」(恵比寿) | トップページ | 円卓囲んで北京ダック … 「中国茶房8(チャイニーズカフェ・エイト)」(赤坂見附) »

荻窪の立ち飲みの名店 … 立呑み「やきや」(荻窪)

いか刺身


 恵比寿の「たつや南店」での飲み会を終え、横須賀方面に帰るKさんと別れて、中央線沿線のHさんと私は荻窪へ。

 「最後に軽くもう1軒」と話しながら向かう2次会は、荻窪の立ち飲みの名店、「やきや」である。

 Hさんは、荻窪にお住まいながら「やきや」のことはご存じなかったとのこと。

 たしかになぁ。相当な呑兵衛以外は、ひそかな路地にある「やきや」には気付かないかもなぁ。

 土曜日ながら午後9時半の店内は、ちらほらと空席がある状態。我われ2人は、いちばん奥の立ち飲みテーブル席に陣取って、「酒一杯」(250円)×2と「いか刺身」(200円)でスタートした。

 いまや不動の人気を誇る「やきや」ながら、その創業はそれほど古くはなくて、1999(平成11)年7月のこと。現在創業19年。来年の7月に創業20年を迎える。

 今年の4月に大将が亡くなられ、どうなることかと心配したものだが、いまは荻窪店、中野店ともに、通常の営業になっている。

 唯一変わったのが、中野店でイカ料理が出なくなったことぐらいだろうか。

 もともと中野店は焼き鳥が中心で、イカ料理は、イカ刺身(含むイカミミ刺身)と自家製塩辛ぐらいしか置いてなかった。今はその2品がなくなったということだ。

 大将、アキさん、山下さんの3人で切り盛りしていた中野店は、今は大将以外のお二人で切り盛りされている。

 「いか刺身」に続いて、「いかみみ焼」(200円)を焼いてもらい、「酒一杯」もおかわりする。

 なにも言わずに「酒一杯」を注文すると、冷蔵庫の一升瓶から冷酒を注いでくれる。銘柄は「北の誉」。

 「あったかいの」とか、「お燗で」と注文すると、徳利とっくりに入った燗酒と、お猪口ちょこを出してくれる。値段は変わらない。

 最後は久しぶりの「みそきゅうり」(170円)で〆て、今夜のお勘定は二人で1,320円(ひとり当たり660円)でした。どうもごちそうさま。

Img_1659b Img_1652b Img_1654b
立呑み「やきや」 / 冷酒2杯 / いか刺身

Img_1655b Img_1656b Img_1658b
いかみみ焼 / 冷酒おかわり / みそきゅうり

店情報前回

《平成30(2018)年11月24日(土)の記録》

|

« 南店は午後4時に開店 … やきとり「たつや南店」(恵比寿) | トップページ | 円卓囲んで北京ダック … 「中国茶房8(チャイニーズカフェ・エイト)」(赤坂見附) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荻窪の立ち飲みの名店 … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 例年どおり、いか大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今年も「いか大根」の季節がやってきた。  毎年、11月下旬から、翌年の2月中旬までが「いか大根」が出される時季。  これ以外の時季には、いい大根が入手できないんだそうな。  気になる値段は、昨シーズンと同じく250円。  大鍋で、イカと一緒に黒々と軟らかくなるまで煮込まれた大根は、イカ以上にイカらしい濃厚な味わい。  この大きな大根がドーンと2切れに、一緒に煮込まれているダシのイカも入って250... [続きを読む]

受信: 2018.12.19 08:14

« 南店は午後4時に開店 … やきとり「たつや南店」(恵比寿) | トップページ | 円卓囲んで北京ダック … 「中国茶房8(チャイニーズカフェ・エイト)」(赤坂見附) »