« 塩竈で豚もつに出会う(前編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜) | トップページ | 塩竈で豚もつに出会う(後編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜) »

塩竈で豚もつに出会う(中編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜)

ホルモンとレバー


前編からの続き)

 メニューに載っている豚肉・豚もつは、「豚バラ」(580円)、「豚ロース」(580円)、「タン」(520円)、「ハツ」(420円)、「レバー」(420円)、「ホルモン」(380円)、「ナンコツ」(380円)の7種類。

 事前の予習により、「1人前でもびっくりするほどボリュームがあること」、「『半分』という注文の仕方もできること」がわかっていたので、まずは「レバー」と「ホルモン」(腸)を、それぞれ『半分』ずつと、合いの手用として「キムチ」(300円)を注文すると、

「キムチは、白菜のキムチでいいですか?」

 とお兄さん。他に大根のキムチ(カクテキ)や、きゅうりのキムチ(オイキムチ)があるそうだ。値段はいずれも300円。普通の白菜のキムチにした。

 すぐに、小鉢にたっぷりのタレとキムチが出てきて、四角い金属製のバットに盛られたレバーとホルモンもやってきた。

 うわぁ! 見ただけでわかる鮮度のよさ。

 レバーにビシッとエッジが立っているではありませんか。

 このままツルッと生で食べたいところではあるものの、お店にご迷惑をおかけすることになってはいけないので、ぐっと衝動を抑えて、レバーとホルモンを1切れずつ、七輪の網の上にのせた。

 最初は塩焼きでいってみますかね。

 目の前の調味料置き場には、塩、胡椒、唐辛子が置かれているので、その塩をパラパラと振りかける。

 クルッとひっくり返して、裏面にも塩をかけたら、まずレバーをパクリ。

 うっほっほ。見た目のとおり、やっぱり旨いのぉ!

 しかも1切れ、1切れが大きいのがうれしいではありませんか。

 ホルモンも、そろそろいいかな。

 んん~~~~っ。これもうまいっ!

「レバーもホルモンも、すばらしいですねぇ。この近くに食肉市場があるんですか?」とたずねてみると、

「いえ。毎朝、仙台から仕入れてきてるんですよ」とお兄さん。

 なるほどなぁ。仙台からここまでなら、そう遠くもないから、毎日、仕入れることができるのか。この豚もつの鮮度は本当にすばらしい。

 しかも、これでレバーもホルモンも『半分』ずつだもんねぇ。1人前ずつにしてたら、この2品でもう満腹になってしまうところだった。

(つづく)

Img_1218a Img_1220a Img_1212a
お品書き / 壁の飲みものメニュー / 独自の味噌ダレ

Img_1216a Img_1214a Img_1223a
白菜キムチ/ ホルモンとレバー / カウンター上の薬味

Img_1224a Img_1225a Img_1227a
レバー / ホルモン / 注文したものはレシートに記録される

店情報

《平成30(2018)年11月7日(水)の記録》

|

« 塩竈で豚もつに出会う(前編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜) | トップページ | 塩竈で豚もつに出会う(後編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67449974

この記事へのトラックバック一覧です: 塩竈で豚もつに出会う(中編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜):

» 塩竈で豚もつに出会う(後編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜) [居酒屋礼賛]
(中編からの続き)  続いての注文は、「ナンコツ」はもらうとして、もう1品を「タン」にするか、「ハツ」にするか。本当は3つともたのむといいんだろうが、もうあと2品しか食べられそうにない。  けっこう迷って「ナンコツ」と「タン」にした。それぞれ『半分』ずつで。  ちょうど大瓶ビールも飲みきったので、飲み物は「焼酎(大五郎)」(320円)を注文すると、「1合でいいですか?」とお兄さん。  改めて壁のメ... [続きを読む]

受信: 2018.12.07 07:41

« 塩竈で豚もつに出会う(前編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜) | トップページ | 塩竈で豚もつに出会う(後編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜) »