« 例年どおり、いか大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | オススメ料理で忘年会(後編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

オススメ料理で忘年会(前編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)

ホルモン炒め

 

 横浜・日ノ出町の「第一亭」に、5人が集まってミニ忘年会。

 このくらいの人数だと、「第一亭」のオススメ料理をいろいろと食べることができる。

 まずは「ビール」(キリンラガービール中瓶、550円)をもらって乾杯し、ほとんどの人が注文する「チートのしょうが炒め」(600円)からスタートした。

 『チート』というのは、豚の胃袋のこと。

 もとから人気がある料理ではあったが、「孤独のグルメ Season3」でこの店が登場したとき(2013年7月17日OA)に、井之頭五郎(松重豊)さんがこの料理を注文したことから、爆発的な人気となった。

 豚胃ならではの癖のない味わいと弾力感。生姜の香りがフワッと漂うのもいいんだな。

 この料理が嫌いという人は、今までに見たことがない。

 2品めも「孤独のグルメ」にも登場した「ホルモン炒め」(600円)だ。

 部位としては豚の腸。

 もつ焼き屋をはじめ、もつ料理を出すほとんどの店では、下茹でした腸を使うのだが、「ホルモン炒め」で使う腸は、生のもの。

 徹底的に洗って洗って、最後はビールで洗って下ごしらえしているそうだ。

 それを白ネギと一緒に炒めて、辛味噌で味付けしたのが「ホルモン炒め」。このプリップリの弾力感は生腸ならではのものなのだ。

 なお、普通の店と同じように下茹でした腸を使った「もつ炒め」(600円)もあるので、両者を食べ比べてみたければ、ぜひ両方を注文してみてください。

 もつが続いたところで、「青菜炒め」(500円)。これはチンゲン菜を炒めたものだ。

 飲みものを「紹興酒」(ボトルで2,000円)の燗に切り替えて、「レバニラ炒め」(600円)。ここの「レバニラ炒め」は、レバ、ニラの他に、モヤシやニンジンも入っていて、具だくさんなタイプだ。

 続いては「キクラゲスープ」(600円)。

 野菜をたっぷりと使って作るのが大きな特徴の「第一亭」のスープ。だからラーメンもうまいし、スープもうまい。

 だから、たとえばラーメン系では、スープの味がダイレクトにわかる「タンメン」(600円)がおすすめだ。

 スープも、注文した「キクラゲスープ」の他に、「野菜スープ」(500円)、「玉子スープ」(500円)、「肉スープ」(600円)、「ホルモンスープ」(600円)と種類が多く、具も多い。呑兵衛にぴったりの汁系つまみなのだ。

 このスープを使った「おじや」(600円)も、店頭の赤ちょうちんにも書かれているほどの看板メニュー。これは最後の〆あたりでいただくことにして、「炒米粉(ビーフン)」(750円)を注文する。

 これもまた、つまみにもなる具沢山の焼きビーフンで、一人だとこの1品で満腹になってしまうほど。5人ぐらいで分け合って食べると、つまみとしては丁度いいね。

つづく

Img_1718a Img_1719a Img_1720a
「第一亭」 / チートのしょうが炒め / きゅうり(サービス)

Img_1722a Img_1724a Img_1725a
ホルモン炒め / 青菜炒め / レバニラ炒め

Img_1726a Img_1728a Img_1731a
紹興酒ボトル / キクラゲスープ / 炒米粉(ビーフン)

店情報前回

《平成30(2018)年11月28日(水)の記録》

(後編)18.12.21 オススメ料理で忘年会(後編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)
(次回)19.05.22 献杯・木村喜久代さん … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)

|

« 例年どおり、いか大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | オススメ料理で忘年会(後編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オススメ料理で忘年会(前編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町):

» オススメ料理で忘年会(後編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) [居酒屋礼賛]
 ここらで私がオススメとする料理は、〆系統のものを除くと、ひとしきり注文し終えたので、食べたことがないものにチャレンジすることにした。  「小袋炒め(←メニュー表記のまま)」(600円)は、「ホルモン炒め」のホルモンをコブクロに替えたもの。ピリッとした辛味噌の味わいがコブクロにもよく合う。  「いか炒め」(750円)は、野菜たっぷりのとろみ系。八宝菜から豚肉やエビを引いて、イカだけにしたような感じ... [続きを読む]

受信: 2018.12.21 07:06

« 例年どおり、いか大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | オススメ料理で忘年会(後編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »