« まずゲソ揚げタレかけ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | さんま焼きで熱燗2合 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

れんこんで締めくくる … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

れんこん


すっぴん酒場 仕事関係の懇親会を終えて、「すっぴん酒場」に到着したのは午後9時過ぎ。

 大勢で飲んだあとは、ひとりで静かにクールダウンだ。

 いつものように「黒ホッピー」(450円)をもらって、「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)を注文すると、すぐに出されるお通し(100円)はお新香である。

 そのお新香をつまみながら黒ホッピーを飲むうちに、まずは「れば」のタレ焼きがやってくる。

 ここの「れば」は、しっかりと内部まで火が通ってる(けど決して焼き過ぎではない)のが美味しいのだ。

 この時点で1杯めのホッピーを飲み終えて、「中身なかみ」(250円)を注いでもらう。

 塩焼きで出される「ちれ」はプニュプニュとした、不思議な食感が特徴なんだけど、ここのチレは、間に網脂あみあぶらをはさんで、これまたしっかりと焼かれている。

 こうすることでプニュプニュ感が少なくなり、チレそのものの味わいがよくわかる。網脂の旨みも効いてるんだろうな。

 「しろ」はもう、この店の名物的な一品。カリッとタレ焼きされた表面と、内部のチュルトロ感のバランスが素晴らしい。「しろ」ばかり何本も注文するお客さんもいるほどだ。

 3杯めとなる「中身」をもらって、追加したのは「あぶらにんにく」(100円)と「ハラミナンコツ」(100円)。この2品はよく一緒に注文する。

 「あぶらにんにく」は脂とニンニクを交互に刺して焼いたもの。この脂が希少部位なんだそうで、ひとり1本しか注文することができない。

 「ハラミナンコツ」のほうは、串の先のほうから順に、ハツモト(心臓の弁や動脈の部分)、ナンコツ(食道あたりの軟骨部分)、そして根元にハラミが刺されていて、食べるにつれて味わいや食感が変わるという、この店ならではの逸品だ。

 ソト1・ナカ4の4杯めとなる「中身」には、「れんこん」(150円)を注文した。

 「れんこん」は、これまたこの店の名物的存在である「つくね」ファミリーの一員である。

 ベースとなる「つくね」(100円)の他、「チーズつくね」(150円)、「たたきつくね」(150円)、「おやじつくね」(150円)、「おっかあつくね」(150円)、「ねぎおやじ」(150円)、「ピーマン肉詰」(200円)などが、「つくね」ファミリーのメンバーだ。

 さっくりと飲んで帰る予定が、けっきょく午後11時半まで、2時間半も立ち飲んで、キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払い額は1,950円でした。どうもごちそうさま。

 ここに来る前の懇親会でもけっこう飲んだのに、「すっぴん酒場」でまた濃いホッピーを4杯。金曜日の夜は、ついタガが外れて飲み過ぎてしまうなぁ。反省、反省。

Img_1132a Img_1133a Img_1134a
黒ホッピーとお通し(お新香) / れば / ちれ

Img_1137a Img_1138a Img_1139a
しろ / あぶらにんにく / ハラミナンコツ

店情報前回

《平成30(2018)年11月2日(金)の記録》

|

« まずゲソ揚げタレかけ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | さんま焼きで熱燗2合 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67442991

この記事へのトラックバック一覧です: れんこんで締めくくる … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 串打ち三年、焼き一生 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 塩竈への出張から帰宅して、一夜明けた今日は、野方の「すっぴん酒場」へとやってきた。  本塩釜のホルモン料理「ひょうたん」で、自分で豚もつを炭火焼きしてみたところ、その焼き加減がとっても難しかった。  焼き過ぎたり、焼き足らなかったりと、思ったような火のとおり具合にならないのだ。(それでも美味しかったけど……。)  そこで改めて「すっぴん酒場」のもつ焼きを食べて、本当に美味しい焼き加減を再確認して... [続きを読む]

受信: 2018.12.09 07:01

« まずゲソ揚げタレかけ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | さんま焼きで熱燗2合 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »