« オススメ料理で忘年会(後編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 和やかな空気がいいね … ジャズと演歌「papa john(パパジョン)」(桜木町) »

立飲みでサクッと1杯 … 「ホッピー仙人」(日ノ出町)

ホッピー仙人

 「第一亭」を出たところで、午後9時半。

 よしっ。急げば「ホッピー仙人」に間に合うぞ!

 「ホッピー仙人」の営業は、午後7時から10時までの3時間と短い。

 しかも、その3時間のあいだ、ほぼずっと満員状態。

 野毛で1軒め、2軒めとハシゴする途中で、時間を見計らって行かないとうまく入ることができないのだ。

 横浜に単身赴任していた時は、1軒めに「武蔵屋」に行って、おばちゃんに「まっすぐ帰るのよ」と言われながら、まっすぐに「ホッピー仙人」に向かっていたものだった。

 で、「ホッピー仙人」でも飲み足りないときは、3軒めとして近くのバーに流れたりしていたなぁ。

 同行の4人も、「ホッピー仙人」に行ってみたいという希望。

 私も含めて5人が入ることができるかどうか。それが問題だ。

 大岡川の流れに沿って、川沿いにカーブを描いて建てられている都橋みやこばし商店街。その2階建てビルの2階中央部に「ホッピー仙人」はある。

 入口扉を開けて、「こんばんは。5人です」と店内に進むと、なんとL字のカウンター席(10席ほど)は満席ながら、その後ろに立って飲んでる人は二人ぐらいしかいない。

「どうぞ、どうぞ(笑)」

 という仙人(=店主)の笑顔に迎えられ、奥に向かって細長い店内の奥のほうへと進む。同行の4人も後に続き、L字の縦の辺の後ろ側に5人で並んで立つことができた。

 呑兵衛たちに大人気の「ホッピー仙人」ではこの状態は当たり前。

 カウンター席に座って飲んでる人の後ろに、立ち飲み客がずらりと並ぶのだ。

 その状態で、カウンター席の人たちも合わせて、全部で20人ぐらいになる。

 それでもまだ入りたい人がいる場合には、常連さんがカウンターの中に入って、MAX24人ぐらいになったこともあるんだって!

 この店の基本的なホッピーは、サーバーの白・黒、瓶の白・黒の4種類で、1杯が500円。

 サーバーの場合は、白と黒とのハーフ&ハーフも可能です。瓶の場合でも、二人(偶数人数)で注文すればハーフ&ハーフができます。

 焼酎、ジョッキ、割り材のホッピーの3者を冷した、三冷さんれいホッピーのみで、氷は入れません。

 実はサーバー用の樽ホッピーも、瓶のホッピーも、中身は同じ。

 ただし、樽ホッピーは、生ビールを注ぐためのサーバーで注がれるので、最後にレバーを押し倒すことで泡が作れるんですね。

 この泡が、ホッピー100%(=焼酎成分なし)の泡になるから、口当たりがとても軽やかで、まろやか。これがサーバーのホッピーの飲み口をよくしている理由のひとつなのだ。

 また焼酎も、以前はサーバー用には20度のものを、瓶のホッピー用には25度のものをと、それぞれ分けて使ってたけど、今もそうなのかな?(未確認)

 この焼酎の度数もまた、サーバーで作るホッピーの飲み口を軽やかにしている理由ですね。

 だから複数杯飲むときは、最初にサーバーをもらって、2杯めに瓶のホッピーをもらうと、最初はスイスイと飲みやすく、2杯めはガツンとしたキックが得られるホッピーになる。

 そんな風に楽しんだりしてました。

 今日はすでにたくさん飲んできた後なので、最初から瓶の白をいただいた。

 午後10時に、閉店を知らせる目覚まし時計のメロディーが鳴り始めるまで、20分ほどの立ち飲みタイム。お勘定はひとり500円ずつでした。

 どうもごちそうさま。

Img_1758b Img_1759b Img_1760b
都橋商店街が見えてきた / 2階の中央部に / 「ホッピー仙人」がある

店情報前回

《平成30(2018)年11月28日(水)の記録》

(次回)20.02.27 野毛の〆は黒ホッピー … 「ホッピー仙人」(日ノ出町)

|

« オススメ料理で忘年会(後編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 和やかな空気がいいね … ジャズと演歌「papa john(パパジョン)」(桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立飲みでサクッと1杯 … 「ホッピー仙人」(日ノ出町):

« オススメ料理で忘年会(後編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 和やかな空気がいいね … ジャズと演歌「papa john(パパジョン)」(桜木町) »