« 創業12周年おめでとう … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 希少な逸品イカとんび … 立呑み「やきや」(荻窪) »

フライもうまい太刀魚 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

たち魚フライ


 東京駅から新幹線で3時間半。午後2時前に福山駅に到着した。

 改札を抜けたら、そのまま「自由軒」に直行である。

 この時間帯でも「自由軒」は7~8割ほどの入り。さすがは人気店である。

 まずは「大ビール」(600円)をアサヒでもらい、いつものようにおでんの「豆腐」(150円)と「すじ」(300円)からスタートする。

 味付けはもちろん「味噌」。この独自の味噌ダレが、「自由軒」の大きな特徴だ。

 このところ、因島いんのしま(広島県)や今治いまばり(愛媛県)方面に出かけることが多いから、福山に来る機会が多くなっている。

 そして、福山に来ると、ほぼ必ず「自由軒」には立ち寄っているので、「自由軒」頻度が上がっているのだ。

 本当は呉にも行きたいんだけど、なかなか呉方面での仕事の機会がないんだよなぁ。

 呉の屋台「一二三」の女将さんはお元気だろうか。あそこの豚足やホルモンがうまいんだ。

 お! ここのメニューにも「ホルモン炒め」(530円)がある。

 同じ広島県内だから、同じようなものが出されるのかな。

 さっそく注文してみた。

 待つことしばし、出てきた「ホルモン炒め」は、「一二三」のホルモンのように、もつ100%ではなくて、野菜炒めの具材としてホルモン(牛腸)が入っているタイプ。

 色と香りからして、ソース炒めなんだな。美味しそう!

 ちょうどビールも飲み切ったところなので、「麦焼酎」(350円)を水割りで注文すると、「麦水(むぎみず)ひとつねぇ~っ!」と注文が通された。

 「ホルモン炒め」の牛腸以外の具は、玉ねぎ、もやし、キャベツ。刻みネギもトッピングされている。

 「一二三」のホルモンとは別物だけど、これはこれで美味しいねぇ。

 麦焼酎も進む進む。

 その「ホルモン炒め」が残り少なくなったところで、次のつまみを決めるべく、今日のホワイトボード(日替わりメニュー)を確認する。

 「いわし煮付」(450円)、「いかなご天」(400円)、「里芋煮付」(300円)、「真子煮付」(400円)、「ちいちいいか酢味噌」(400円)、「ナマコ」(400円)、「ままかり」(400円)、「ふぐ皮」(400円)などなど。

 なるほどなぁ。メニューに「ナマコ」が並ぶ季節になりましたか。冬ですねぇ。

 よしっ。〆は「ナマコ」でいくとして、その前に何かもう一品いただきましょう。

 改めて壁の短冊メニューも見てみると、「自由軒かつ」(500円)、「さんま塩焼」(500円)、「かつとじ」(650円)、「とんねぎ」(530円)、「たこぶつ」(650円)などと並んで、「たち魚フライ」(400円)というのがある。

 太刀魚たちうおは塩焼きや刺身ではいただいたことがあるが、フライは初めてだなぁ。これにしてみよう。

 注文に合わせて『麦水』もおかわりした。

 できたての熱々で出てきた「たち魚フライ」には、タルタルソースとレモンが添えられている。

 シャクッと最初のひと口をかじると、これが美味いっ!

 太刀魚! 見直したなぁ。フライにしてもいいね。

 そして最後は予定どおり「ナマコ」で〆。

 ゆっくりと2時間弱の酒場浴。今日のお勘定は3,130円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_1460a Img_1442a Img_1443a
「自由軒」 / 大ビール / 豆腐(おでん)

Img_1444a Img_1445a Img_1449a
すじ(おでん) / ホルモン炒め / 麦焼酎の水割り

Img_1451a Img_1456a Img_1459a
今日のホワイトボードメニュー / たち魚フライ / なまこ

《備忘録》となりの席の常連さんは、まず大衆食堂「たから屋」で飲んでから、2軒めとして「自由軒」にやってきたそうだ。さらに「ナマコは『八十吉やそきち』が美味い」って。まだまだ奥が深そうだなぁ、福山。

店情報前回

《平成30(2018)年11月17日(土)の記録》

|

« 創業12周年おめでとう … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 希少な逸品イカとんび … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フライもうまい太刀魚 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山):

» 食べんさい呑みんさい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) [居酒屋礼賛]
 福山駅で新幹線を降りて、「自由軒」に到着したのは午前11時50分。  ちょうど昼どきなんだけど、普通の会社の昼休みが始まる10分前。  どうだ?!  と入った「自由軒」のコの字カウンターは、両側の平行部は満員。入口に近いコの字の短辺のところに、左に1席、右に1席と、飛び飛びに2席分の空きがあったので、そのうちの1席に入れてもらう。  まずは入れて良かった良かった。  おでん鍋前で構えるおねえさん... [続きを読む]

受信: 2019.03.17 22:03

« 創業12周年おめでとう … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 希少な逸品イカとんび … 立呑み「やきや」(荻窪) »