« イカ納豆で〆のはずが … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | リアル呑んべえの宴会 … 大衆割烹「藤八(とうはち)」(中目黒) »

串打ち三年、焼き一生 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

しろ、ちれ


 塩竈への出張から帰宅して、一夜明けた今日は、野方の「すっぴん酒場」へとやってきた。

 本塩釜のホルモン料理「ひょうたん」で、自分で豚もつを炭火焼きしてみたところ、その焼き加減がとっても難しかった。

 焼き過ぎたり、焼き足らなかったりと、思ったような火のとおり具合にならないのだ。(それでも美味しかったけど……。)

 そこで改めて「すっぴん酒場」のもつ焼きを食べて、本当に美味しい焼き加減を再確認しておこうと思った次第。

 うなぎの寝床のように奥に向かって長細い店内の中間あたり、大常連のS藤さんの横に立って、いつものように「黒ホッピー」(450円)と、「れば」(100円)、「しろ」(100円)、「ちれ」(100円)を注文すると、今日の「お通し」(100円)はポテサラである。

 そこへ、S藤さんから「はくさい漬け」(100円)の注文が飛んだ。これもうまいんだ。

 ママさんが、目顔めがおで『いる?』と聞いてくれたので、「私もお願いします」と便乗注文。ちょうど私の分までで「はくさい漬け」が売り切れた。

 そして出てきた「れば」「ちれ」「しろ」。

 やっぱり自分で焼いたのとは段違いだ。

 しかも毎回、変わらずこの焼き加減で仕上げられるのがすごいよなぁ。さすがはプロである。

 焼けてる豚もつの表面を見て、見えない内部の火のとおり具合を見極めないといけないのが難しいのだ。

 うなぎの場合、『串打ち三年、割き八年、焼き一生』なんて言われるようだけど、やっぱり『焼き』にはそれだけの修業が必要なんだろうな。

 「中身」(おかわり焼酎250円)もグイグイとおかわりしながら、もつ焼きも「あぶらにんにく」(100円)と「おやじつくね」(150円)を追加注文だ。

 ソト1・ナカ4の4杯めとなる「中身」をもらったところで、これまた大常連のS木さんから「煮込み」(400円)の注文が入ったので、これまた便乗。

 S木さんは、いつもご夫婦でいらっしゃって、必ずと言っていいぐらい「煮込み」を注文されるので、今日もそうだろうなと思って、このタイミングを待っていたのだ。

 ボリュームたっぷりの「煮込み」に、4杯めのホッピーもなくなって、「つぶグレハイ」(400円)を追加した。

 ご常連のみなさんとの会話も弾んで、3時間半ほどの立ち飲みタイム。

 今宵の支払額は2,650円でした。どうもごちそうさま。

Img_1341a Img_1342a Img_1343a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通し(ポテサラ)

Img_1344a Img_1348a Img_1351a
はくさい漬け / れば / あぶらにんにく

Img_1352a Img_1354a Img_1355a
おやじつくね / 煮込み / つぶグレハイ

店情報前回

《平成30(2018)年11月10日(土)の記録》

|

« イカ納豆で〆のはずが … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | リアル呑んべえの宴会 … 大衆割烹「藤八(とうはち)」(中目黒) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67462132

この記事へのトラックバック一覧です: 串打ち三年、焼き一生 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 創業12周年おめでとう … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 「すっぴん酒場」の創業は平成18(2006)年11月15日。今日がちょうど創業12周年の記念日です。  おめでとうございます!  店主・徳宿克治(とくしゅく・かつじ)さんは、私と同じ昭和34(1959)年の生まれ。  洋食屋で修業したあと、神田の「やきとり三政(さんまさ)」での修業を経て、47歳の時に、奥さまと二人で、ここ「すっぴん酒場」を開いたのでした。  そんな開店記念日の日だけれど、注文す... [続きを読む]

受信: 2018.12.12 07:00

« イカ納豆で〆のはずが … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | リアル呑んべえの宴会 … 大衆割烹「藤八(とうはち)」(中目黒) »