« 塩竈で豚もつに出会う(中編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜) | トップページ | イカ納豆で〆のはずが … 立呑み「やきや」(荻窪) »

塩竈で豚もつに出会う(後編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜)

タンとナンコツ


中編からの続き)

 続いての注文は、「ナンコツ」はもらうとして、もう1品を「タン」にするか、「ハツ」にするか。本当は3つともたのむといいんだろうが、もうあと2品しか食べられそうにない。

 けっこう迷って「ナンコツ」と「タン」にした。それぞれ『半分』ずつで。

 ちょうど大瓶ビールも飲みきったので、飲み物は「焼酎(大五郎)」(320円)を注文すると、「1合でいいですか?」とお兄さん。

 改めて壁のメニューを見てみると、普通の「焼酎(大五郎)」(←これが1合)のほかに、「バケツ」の焼酎(大五郎)もあって、こちらは1,600円。大きなチロリにたっぷりと出してくれるようだ。

 値段の比率で考えると、少なくとも5合(半升)は入ってるんだろうなぁ。

 「焼酎(大五郎)」(1合)はチロリで出され、それとは別に水のチロリ、氷のチロリ、そして氷の入ったグラスがセットでやってきた。

 これで自分の好きな濃さに割っていただくわけですね。

 先ほどの調味料置き場のところに、「梅の香」と書かれた梅割りエキスも置かれていて、これを入れると梅割り焼酎になる仕組み。

 さぁそして、ナンコツとタンも焼けてきた。

 こちらも最初は塩焼きでいただいて、あとは塩焼きにしたり、タレ焼きにしたり。

 塩焼きももちろんいいんだけれど、独自の味噌ダレの旨みがすばらしい。

 この味噌ダレ、味つけがけっこう濃いので、ちょっとだけつけて食べるぐらいが、私にはちょうどいい。東京でいただく「ざるそば」のツユみたいな感覚だな。

 塩焼きで食べると、いいモツを使っている店はほぼ同じような味わいになるが、タレ焼きになると明らかに店ごとに違うのが面白い。

 今や、古いモツの臭みをごまかすためのタレではなくて、旨みアップのための調味料なんだなぁ。

 たっぷりと2時間ほど楽しんで、お勘定はなんと2,100円なり!

 逆算してみると、『半分』と注文したものは、すべて値段も『半分』なんですね。なんて良心的なお店なんでしょう。

 さらに良い点がもうひとつ。大学生のアルバイトだという若いお兄さんたちが、無駄口もたたかず、一所懸命やってくれるのが、ものすごく居心地がいい。

 唯一の欠点は、もうもうと立ち上る煙で、服や髪に匂いがついてしまうところぐらいだろうか。もつ焼き屋に行っても、焼き台の近くが好きな人たちにとっては、あまり気にならないことではあるが……。

 どうもごちそうさま。すっかり満腹になって、ホテルへと帰ったのでした。

 ちなみにこの翌日、ここ「ひょうたん」の斜め前あたりにある「鮨しらはた」で、もうひとつの課題だった『三陸塩竈ひがしもの』も堪能いたしました。

 合わせる日本酒は、地元・塩竈の地酒。「浦霞」、「阿部勘」、「一ノ蔵」は、すべて塩竈の地酒だったんですね。改めてびっくり! (注:「一ノ蔵」については、1973年に4つの酒造会社が統合したうちの1社、勝来酒造が塩竈だった。)

 塩竈。ぜひまた来たいです!

Img_1228a Img_1234a Img_1237a
焼酎(大五郎) / 左がナンコツ、右がタン / ごちそうさま

店情報

《平成30(2018)年11月7日(水)の記録》

|

« 塩竈で豚もつに出会う(中編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜) | トップページ | イカ納豆で〆のはずが … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67449996

この記事へのトラックバック一覧です: 塩竈で豚もつに出会う(後編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜):

« 塩竈で豚もつに出会う(中編) … ホルモン料理「ひょうたん」(本塩釜) | トップページ | イカ納豆で〆のはずが … 立呑み「やきや」(荻窪) »