« 店情報: 大衆らーめん酒場「桔梗(ききょう)」(西武新宿) | トップページ | 冬はおでんも楽しめる … 「銀座じゃのめ」(銀座) »

24時間いつでも呑める … 大衆らーめん酒場「桔梗(ききょう)」(西武新宿)

おつまみセット(小)


 新宿運転免許更新センターで、免許の更新。

 年次有給休暇もたくさん残っているので、免許更新のついでに今日はお休みにした。

 免許更新はそれほど時間がかからず終了するはずなので、昼過ぎには自由時間となる。

 久しぶりに新宿あたりで昼呑みをしようと、事前に候補店を検討しておいた。

 ここしばらく行けていないのが、新宿駅東南口の目の前にある食堂「長野屋」(12:00-22:00、水休)なんだけど、残念ながら水曜日が定休日。ぴったりと重なってしまった。

 新宿西口思い出横丁ならば、「岐阜屋」(09:00-01:00、無休)、「カブト」(14:00-21:00、日祝休)、「つるかめ食堂」(15:00-23:30、不定休)あたりか。

 改めて見てみると「カブト」と「つるかめ食堂」が開店するのは、昼下がりではあるものの、意外と遅いんだなぁ。

 などなどと、いろいろ調べていたところ、西武新宿駅の近くに「大衆らーめん酒場 桔梗」という、24時間営業、年末年始以外無休のお店があることが分かった。

 よしっ。今回はここにしてみよう!

 免許更新が終わったのは正午過ぎ。

 都庁のすぐ近くにあるここから「大衆らーめん酒場 桔梗」に向かうには、歩くのが一番早い。その距離約1.5km。歩くと20分弱である。

 まったく酒場の話ではないけれど、こういう見ず知らずの場所に向かうとき、Apple Watchがとても便利なんです。

 iPhoneのApple純正アプリ「マップ」で、「大衆らーめん酒場 桔梗」を検索して、「出発」ボタンを押す。

 そして歩き始めると、曲がらないといけないポイント近く(約50m手前)になると、Apple Watchが腕をツンツンとつついて、どの方向に曲がるのかを教えてくれるのだ。

 おかげで迷うことなく、最短コースで「大衆らーめん酒場 桔梗」に到着した。

 その「大衆らーめん酒場 桔梗」の店頭には「24時間営業中、いつでもどうぞ」とか、「やすい」「たべて」「のんで」、「のむだけでもOK」、「らーめんだけでもOK」なんて張り紙がたくさん出ている。

 「創業1999年 元祖塩つけ麺の店 桔梗」というポスターもある。

 入口のガラス戸にも「つけ麺専門」なんて書かれているところをみると、店の主役は「つけ麺」のようだ。

 ウィ~~ンと自動ドアを開けて店内へ。

 すぐにアジア系外国人らしい女性店員さんが、「いらっしゃいませ。お好きなところへどうぞ」と声をかけてくれる。

 ウナギの寝床のように奥に向かって長細い店内は、左手に奥へと続く長いカウンターがあるが、椅子は手前のほうにしか置かれておらず7~8席ほど。

 右手壁際にはテーブル席が5卓。全体では24人ほど入れるでしょうか。

 平日の昼間、12時半頃の店内は、7割ほどの入り。純粋に食事をしている(=「つけ麺」か「らーめん」を食べている)お客さんも多いが、呑んでるお客さんもけっこういる。

 さっそくカウンター席の一角に腰を下ろすと、すぐに店のおねえさんが麺類のメニューを手渡してくれる。

 それ以外のメニューは、壁に貼りだされている大量の段ボールに書き出されている。

 このメニューを把握するだけでも大変そうなので、まずは「生ビール」(450円)をもらって、それを飲みながら、ゆっくりとメニューを確認することとした。

 ずらりと並んだおつまみメニューの多くは300円台。「焼餃子」は190円だし、「水餃子」は220円。何切れ出てくるのかわからないが、「築地直送 天然マグロ刺し」なんて390円だ!

 新宿の酒場は値段が高いことが多いし、24時間営業の場合は、さらに割高になっていることも多いのだが、ここは安いなぁ。

 「そのまんまサバの水煮缶」(330円)という角打ち店のようなのもあったり、モツ好きにはたまらない「炙りレバー刺し」(480円)や「ガツポン酢」(330円)、「シロコロホルモン」(550円)なんかもあるのがいいね。

 そんな中から、これまでに見たことがない「ワカウキン」(380円)というつまみをもらうことにした。説明書きには『ミャンマーポークソテー』と書かれているので、豚肉炒めであることには間違いなさそうだ。

 そして出てきた「ワカウキン」。豚肉もさることながら、ちょっとスパイシーで、甘めのケチャップのようなタレがうまい。このタレだけでもつまみになるなぁ。

 厨房内の店員さんも、アジア系の外国人らしき人が多いんだけど、みんなが一所懸命やってることに好感が持てる。

 この「ワカウキン(ミャンマーポークソテー)」の他にも、「おつまみミャンマーカレー」(380円)があったりするので、ミャンマーから来られている人が多いんだろうか。

『この店はいいぞ!』

 と確信し、「ホッピーセット」(380円)と「ガツポン酢」(330円)を追加注文する。

 ホッピーは、角ハイボール用の小さなジョッキで、氷入りで出される。ナカ(焼酎おかわり)は230円で、ソト(瓶入りホッピー)は150円。

 焼酎は「宝焼酎」らしく、ボトルでキープ(2,000円、3ヶ月)することもできるようだ。

 「ガツポン酢」は、細切りにしたガツに、ゴマと刻みネギがトッピングされている。量はそれほど多くないけれど、味はいい。

 「ナカ」をもらって、つまみには「おつまみミャンマーカレー」(380円)を注文すると、残念ながら売り切れ。

 そこで、メニューの中でもう一つ気になっていた「おつまみセット(小)」(380円)を注文。店のおねえさんから厨房へは、「『ミニ』ひとつ!」と、注文が通される。

 『ミニ』という略称が付くほど人気の品なんだな。

 その「おつまみセット(小)」。内容は「つまみ玉子」が半玉分と「つまみメンマ」に「つまみチャーシュー」。モヤシや刻みネギもたっぷりと盛られていて、ボリュームたっぷり。

 なるほどこれは「らーめん」にのっかる具材たちなのか!

 これはいいね。一品めのつまみとして注文したい逸品だ。

 ひとりなら(小)で十分だと思うが、足りない人には「おつまみセット(大)」(580円)もある。値段的に(大)は(小)の倍量なのに違いない。

 ゆっくりと1時間半ほど楽しんで、お勘定は2,150円でした。どうもごちそうさま。

Img_2119a Img_2124a Img_2123a
生ビール / 壁のメニュー / ワカウキン(ミャンマーポークソテー)

Img_2125a Img_2126a Img_2132a
ホッピー / ガツポン酢 / 午後2時を回って落ち着いてきた店内

店情報

《平成30(2018)年12月12日(水)の記録》

|

« 店情報: 大衆らーめん酒場「桔梗(ききょう)」(西武新宿) | トップページ | 冬はおでんも楽しめる … 「銀座じゃのめ」(銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24時間いつでも呑める … 大衆らーめん酒場「桔梗(ききょう)」(西武新宿):

» 炙った煮干しでヒレ酒 … 大衆らーめん酒場「桔梗(ききょう)」(西武新宿) [居酒屋礼賛]
 東中野での飲み会のその前に、24時間営業の大衆らーめん酒場「桔梗」で、ひとりゼロ次会である。  この酒場の最寄り駅を、このブログでは西武新宿駅(北口)としてるんだけれど、JR大久保駅(南口)からもほぼ同じ距離。300m弱、徒歩3分ほどなのだ。  そして大久保駅から東中野駅は1駅。ほんの2分だから、ギリギリまで飲んでられる(笑)。  しかも、なにしろ24時間営業だから、何時に行こうが飲むことができ... [続きを読む]

受信: 2019.02.15 06:58

« 店情報: 大衆らーめん酒場「桔梗(ききょう)」(西武新宿) | トップページ | 冬はおでんも楽しめる … 「銀座じゃのめ」(銀座) »