« 今年のイカ大根はミミ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: 「宇都宮餃子館(うつのみやぎょうざかん)」(宇都宮) »

おひとり限定1本のみ … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

あぶらにんにく


 「すっぴん酒場」の焼きものの中で、「あぶらにんにく」(100円)は『おひとり限定1本』の希少品だ。

 他の焼きもので「ひとり1本です」という言葉は聞いたことがないので、たぶん「あぶらにんにく」だけが限定品なんだと思う。

 この「あぶらにんにく」、豚の脂とニンニクを交互に刺して焼いたものなんだけど、この脂が希少部位なんだそうな。

 人気が高いので、短冊メニューが裏返ってる(=売り切れてる)ことが多い。

 あればぜひ注文してみてください。

 週の真ん中、水曜日の今日は午後6時半に「すっぴん酒場」に到着。

 いつものとおり「黒ホッピー」(450円)をもらって、「れば」「しろ」「ちれ」(各100円)を注文すると、すぐに出される「お通し」(100円)は定番のお新香。

 このお新香をチビチビとつつきながら、やきとんの焼き上がりを待つ。

 しばらくすると、まずは「れば」のタレ焼きが出てくる。これには七味唐辛子を振りかけていただく。

 ほぼいつも、このタイミングで最初の「ナカ(焼酎おかわり)」(250円)をもらう。

 氷入りで濃いめの黒ホッピーがいいね。通常のペースで飲んで、ソト1に対して、ナカが4~5はいける。

 「しろ」のタレ焼き、「ちれ」の塩焼きをいただいているところへ、新たに入ってきたお客さんから「煮込み」(400円)の注文が飛んだので、私もすかさず便乗注文した。

 その「煮込み」の仕上げ煮込みが行われているさなか、別のお客さんから「はくさい漬け」(150円)の注文が入り、今度はママが「いる?」と聞いてくれた。もちろんいただきます。

 「はくさい漬け」も季節ものなので、ある間にできるたけ食べておきたいからね。

 この「はくさい漬け」と「煮込み」でゆっくりと飲んで、5杯め(ソト1・ナカ5)となるナカをもらったところで、「ピーマン肉詰」(200円)と、冒頭でご紹介した「あぶらにんにく」を注文したのでした。

 ゆっくりと2時間半ほど立ち飲んで、キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は2,700円でした。どうもごちそうさま。

Img_2252a Img_2255a Img_2256a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通し(お新香)

Img_2257a Img_2259a Img_2261a
れば / しろ / ちれ

Img_2263a Img_2266a Img_2269a
煮込み / はくさい漬け / ピーマン肉詰め

店情報前回

《平成30(2018)年12月19日(水)の記録》

|

« 今年のイカ大根はミミ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: 「宇都宮餃子館(うつのみやぎょうざかん)」(宇都宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おひとり限定1本のみ … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 2019年のモツ初め … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 年末年始の怒とうの忘年会、納会、新年会を終えて、ゆっくりと休養。  今日、1月5日(土)から、いつもの『ひとり呑み』がスタートしました。  まず向かったのは、野方の立ち飲みのもつ焼き店、「すっぴん酒場」。  店に到着したのは午後4時40分。  新年のごあいさつをすると、年始の振る舞い酒を出してくれた。  そしていつもの「黒ホッピー」(450円)と「はくさい漬け」(150円)をもらって飲み始めると... [続きを読む]

受信: 2019.01.31 21:41

« 今年のイカ大根はミミ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: 「宇都宮餃子館(うつのみやぎょうざかん)」(宇都宮) »