« 平成最後の大みそかに … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | 店情報: チャ~ボン「多福楼(たふくろう)」(川崎) »

絶好の肴、けんちん汁 … 立ち飲み「天下(てんか)」(川崎)

けんちん汁


 店主ファミリーのお客さんたちへの対応が、ほんわかとあったかくて、とても居心地のいい立ち飲み屋、「天下」。

 これほどに居心地のいい酒場は、ほかには知らない。

 そんな「天下」で、今回、初めて注文してびっくりしたのが「けんちん汁」(300円)だ。

 カウンター内の大鍋から、丼に入れてくれた「けんちん汁」は、ひとつひとつの具が大きくて、まるで「おでん」のよう。

 豆腐、厚揚げ、コンニャク、里芋、ニンジン、大根。刻みネギをトッピングして、つゆだくで出してくれる。つゆももちろん、いい酒のさかなになる。

 呑兵衛のんべえにはぴったりの、すばらしいつまみだ。

 今日は川崎での飲み会のゼロ次会として、ひとりで「天下」にやってきた。

 まずは「ビール(大)」(大瓶ビール430円)を注文すると、「アサヒとモルツがありますが、どちらにしますか?」と大将。アサヒをいただいた。

 つまみには「湯豆腐」(240円)を注文。

 これはハナから決めていた。「湯豆腐」もまた、この店の名物料理らしいのだ。

 すぐに出された「湯豆腐」は、味のついたスープ豆腐。かつお節、刻みネギ、おろし生姜がトッピングされている。

 スープの味わいが絶妙なり!

 これはいいねぇ。

 夏場でも「湯豆腐」を注文するお客さんが多いというのも十分に納得できる。

 自分がこれまで経験した中で、明らかに5本指に入る湯豆腐だ。

 ちなみに、これ以外の好みの湯豆腐はというと、呉「森田食堂」の湯豆腐、同じく呉の「本家鳥好」のスープ豆腐、今はなき野毛「武蔵屋」のタラ豆腐あたりが思い浮かぶ。

 いずれもシンプルなのに、ダシの旨みがよく効いたスープがいいんだね。

 この「湯豆腐」に舌鼓を打ったところで、2品めのつまみとして、冒頭でご紹介した「けんちん汁」を注文したのだった。

 カウンターの中の厨房には、大きな鍋が3つ置かれている。

 そのひとつが「湯豆腐」で、もうひとつが「けんちん汁」。3つめのは「もつ煮込み」(390円)用の鍋なのかな。

 その「けんちん汁」の鍋から、箸で1個ずつ具材をつまみ上げながら、ついでくれるので、具のかたよりが発生しない。みんなに必ず同じ具材が入るようになっているのだ。

 こんな小さなことも、とってもうれしい心づかいですね。

 さっくりと1時間ほどの立ち飲みタイム。

 キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は970円でした。どうもごちそうさま。

Img_1878a Img_1880a Img_1884a
立ち飲み「天下」 / 湯豆腐とビール(大) / けんちん汁

店情報前回

《平成30(2018)年12月1日(土)の記録》

|

« 平成最後の大みそかに … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | 店情報: チャ~ボン「多福楼(たふくろう)」(川崎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶好の肴、けんちん汁 … 立ち飲み「天下(てんか)」(川崎):

« 平成最後の大みそかに … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | 店情報: チャ~ボン「多福楼(たふくろう)」(川崎) »