« 金曜日の夜はハシゴ酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 見た目も美しい豚の耳 … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) »

レンコンつくねで焼酎 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政)

レンコンつくね


 午後11時過ぎに「竹よし」を出て、3軒めどうする?

 鷺ノ宮の「ペルル」は午後11時半に閉店なので、もうほとんど飲む時間がない。そうなると、やっぱり「ばりこて」ですね。

 「竹よし」と「ばりこて」は、直線距離だと35mぐらいしか離れてないんだけど、通りが1本違うため、コの字型に回って行くことになる。

 それでもその距離、約90m。1分もかからずに到着することができる。

ばりこて のれんに大きく「博多ラーメン」と書かれているとおり、「ばりこて」は基本的にラーメンの店、しかもすこぶる人気の高いラーメン屋さんなんだけど、つまみや飲みもの(酒類)も充実しているので、まず飲んでから、〆にラーメンというスタイルがとれるのだ。

 飲んだ後のラーメンは極力やめるようにしてるんだけど、「ばりこて」だけは別。どんなにセーブしても、2ヵ月に1回ぐらいは来てしまうんだなぁ。

 今日もまずは黒糖焼酎「里の曙」(400円)をロックでもらって、つまみには「レンコンつくね」(300円)を選択した。

 手作りのおつまみは、この「レンコンつくね」の他、「味噌ずり」「鳥皮ポン酢」「がめ煮」「もつ煮込み」「めんたいポテト」「めんたいだし巻」と、全部で7種類あって、すべて300円。博多風のつまみが多いのがいいのだ。

 この手作りおつまみ以外にも、「ひとくちめんたい」(160円)、「博多焼きぎょうざ」(8個320円)、「茹でぎょうざ」(5個320円)もいいつまみになる。

 特に「ひとくちめんたい」は、量も少ないので、ラーメン前の料理を控えておきたいときには、ぴったりのつまみである。

 その「レンコンつくね」で、黒糖焼酎をちびちびとやっているとこへ、「竹よし」の片づけを終えたチクちゃんも、「ばりこて」にやってきた。

 チクちゃんは「お茶ハイ」(380円)と「茹でぎょうざ」からスタートだ。

 黒糖焼酎もおかわりして、日付が変わるころ、「博多ラーメン」(650円)を『ばりかた』で注文する。

 ここの麺は、『なま』『ばりかた』『かた』『ふつう』『やわ』という5段階の茹で加減が選べる。

 『なま』は、麺を一瞬だけ湯通しする程度。『ばりかた』はその次の硬さだ。

 「博多ラーメン」というだけに、スープはもちろん豚骨スープ。このスープに、アゴ(トビウオの煮干し)と、九州産の甘みのある醤油を使って作った「元だし」を合わせたものが、この店のラーメンスープ。

 このスープがうまいんだ。

 だから今は「替玉」(麺のおかわり)はしないで、残ったラーメンスープをつまみにして、焼酎ロックを飲むことが、この店での大きな楽しみとなっている。

 ラーメンスープも、焼酎も、すっかり完飲して、今夜のお勘定は1,750円でした。

 ごちそうさま!

Img_2035c Img_2038c Img_2040c
黒糖焼酎 / 茹でぎょうざ / 博多ラーメン

店情報前回

《平成30(2018)年12月7日(金)の記録》

|

« 金曜日の夜はハシゴ酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 見た目も美しい豚の耳 … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンコンつくねで焼酎 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政):

» 豚骨スープで黒糖焼酎 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 野方の「すっぴん酒場」を出て、今夜の2軒めは博多ラーメン「ばりこて」だ。  軽く飲んで〆にラーメンという楽しみ方ができるのが「ばりこて」のいいところ。  まずはいつものように「黒糖焼酎」(400円)をロックでもらう。  黒糖焼酎は、奄美大島は町田酒造の「里の曙(さとのあけぼの)」。  酒税法の特例で、黒糖焼酎は奄美群島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)でしか作ることができないのだ。... [続きを読む]

受信: 2019.02.04 07:30

« 金曜日の夜はハシゴ酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 見た目も美しい豚の耳 … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) »