« 手作りしゅうまいで〆 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 今年のイカ大根はミミ … 立呑み「やきや」(荻窪) »

ちゃんと炙ったレバ刺 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

ちゃんと炙りレバー


 先週に続いて今週も、金曜日は「すっぴん酒場」である。

 午後6時半ごろに店に着くと、今日も店内は常連さんたちでにぎわっている。

 いつものように「黒ホッピー」(450円)をもらうと、「お通し」(100円)はお新香。

 焼きものも、これまたいつものように「れば」「しろ」「ちれ」(各100円)でいこうとしたのだが、なんと今日は「ちれ」が品切れ。

 さて、どうしよう。

 ちょっとだけ考えて、今日はいつもと違うパターンで、「ちゃんと炙りレバー」(350円)を注文した。

 ここ「すっぴん酒場」にも、かつては「レバ刺」(400円)があったのだが(→そのころの記事)、平成27(2015)年6月12日に、豚の肉や内臓を生食用として販売・提供することが禁止され、この店のメニューからも「レバ刺」はなくなった。

 なお「ガツ刺」や「コブクロ刺」は、茹で冷ましたものを刺身にしている(=生食ではない)ので、今もあります。

 その「レバ刺」の代わりに登場したのが、この「ちゃんと炙りレバー」なのだ。

 素焼きにした「れば」2本に、「レバ刺」にもトッピングされていた、たっぷりの刻みニンニクと、これまたたっぷりの刻みネギ。そこへサッと醤油をかけて仕上げられている。

 かつての生レバーが、きっちりと火が通ったレバーに代わっただけで、それ以外はかつての「レバ刺」と同じ。つまり、『ちゃんと炙ったレバ刺』ってことだ。

 この「ちゃんと炙りレバー」で黒ホッピー2杯(セット1杯+ナカ1杯)をいただいて、3杯めとなる「ナカ」(250円)をもらおうとするときに、他のお客さんから「煮込み」(400円)の注文が飛んだので、私も便乗注文した。

 ここの「煮込み」は、注文を受けてから小鍋で最終煮込みをして仕上げるタイプ。だから、出来上がるまでにちょっと時間がかかるのだ。

 ちょうどその「煮込み」が出てきたタイミングで、店に入ってきたのはなおちゃんだ。

 今から3年ほど前、飲み仲間たちと飲んでいるときに、「どこの煮込みがもっとも好きか」という話題になった。

 宇ち中さんは当然のごとく立石「宇ち多゛」の煮込み。私は阿佐ヶ谷「川名」の「豚軟骨もつ煮込み」をあげた。

 その時の直ちゃんの答えが「私は『すっぴん酒場』の煮込みが一番だと思う」というものだったのだ。

 それまでは、時間がかかることもあって、あまりここの「煮込み」は注文してなかったんだけど、直ちゃんのオススメに従って、改めて「煮込み」を食べてみたところ、これがとても美味しかった。

 それ以来、わりと頻繁に「煮込み」もいただくようになったのでした。

 この「煮込み」でまた黒ホッピーを2杯いただいて、このソト1・ナカ4で、ソトがなくなった。

 もう一巡、黒ホッピーセットにするか、それとも別の飲みものにするか。

 今夜は「トリスハイボール」(400円)をいただくことにした。

 トリス専用ジョッキに、氷とトリスウイスキーが注がれ、それとは別にドリンクニッポンの炭酸水が出される。この炭酸水で割って、自分好みの濃さのトリスハイボールを作るのだ。

 つまみには「しろ」(100円)を注文。「しろ」もまた、ここに来たら必ず食べて帰りたい1品ですもんねぇ。

 さらにトリスウイスキーの「ナカ」(250円)をもらって、2杯めのトリスハイボールを作り、前回もいただいた「ピータンピーマン」(250円)で締めくくる。

 たっぷりと3時間ほどの立ち飲みタイム。キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は3,050円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_2176a Img_2177a Img_2183a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピーとお通し(お新香) / 煮込み

Img_2187a Img_2188a Img_2190a
トリスハイボール / シロ / ピータンピーマン

店情報前回

《平成30(2018)年12月14日(金)の記録》

|

« 手作りしゅうまいで〆 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 今年のイカ大根はミミ … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちゃんと炙ったレバ刺 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» おひとり限定1本のみ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 「すっぴん酒場」の焼きものの中で、「あぶらにんにく」(100円)は『おひとり限定1本』の希少品だ。  他の焼きもので「ひとり1本です」という言葉は聞いたことがないので、たぶん「あぶらにんにく」だけが限定品なんだと思う。  この「あぶらにんにく」、豚の脂とニンニクを交互に刺して焼いたものなんだけど、この脂が希少部位なんだそうな。  人気が高いので、短冊メニューが裏返ってる(=売り切れてる)ことが多... [続きを読む]

受信: 2019.01.21 08:10

« 手作りしゅうまいで〆 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 今年のイカ大根はミミ … 立呑み「やきや」(荻窪) »