« 印パ料理で満腹忘年会 … 「シディークパレス(Siddique Palace)」(四ツ谷) | トップページ | 金曜日の夜はハシゴ酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

チーズの中にピータン … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

ピータンピーマン


 1週間の仕事を終えて、やってきたのは野方の「すっぴん酒場」。

 金曜、午後6時半の店内は、すでにご常連さんたちでにぎわっている。

 私もカウンターの真ん中あたりに立って、いつものとおり「黒ホッピー」(450円)と、「れば」「しろ」「ちれ」(各100円)を注文すると、すぐに出される「お通し」(100円)はお新香だ。

 このお新香をつまみに黒ホッピーを飲みながら、やきとんの焼き上がりを待つわけですね。

 最初に焼き上がるのは、いつも「れば」。このタレ焼きがうまいんだ。

 その「れば」を食べ終えて、2杯めとなる「なか(おかわり焼酎)」(250円)をもらったタイミングで、「しろ」のタレ焼きが出てきて、それとほぼ同時に「ちれ」も焼き上がった。

 3本の中では「ちれ」だけが塩焼きだ。

 ここの「ちれ」は、1切れずつのチレ(脾臓ひぞう)の間に、豚の網脂あみあぶらが挟まっている。この網脂が、この串に絶妙な旨みを加えているのだ。

 3杯めとなる「なか」には「ピーマン肉詰」(200円)。

 これは半分に切ったピーマンの中に、この店自慢の「つくね」を詰め込んだものを3個、串に刺して、タレ焼きで焼き上げたもの。ボリュームもたっぷりだ。

 さらに「がつ」(100円)と「こぶくろ」(100円)を注文。

 この店では、味付けは指定しないのが標準形。「がつ」と「こぶくろ」は、どちらも塩焼きで出してくれた。(もちろん、味付けを指定することも可能です。)

 いつもはここで終了となる4杯めの「なか」を注文すると、今日はまだ「そと」(瓶入りのホッピー)が残ってる。

 最後は「はくさい漬け」で〆ようと思ってたんだけど、もう1杯、「なか」がいけそうなので、その前に「ピータンピーマン」(250円)を焼いてもらう。

 「ピータンピーマン」は、これまた半分に切ったピーマンの中に、チーズと、小さく刻んだピータンを詰めて、それを豚バラ肉で巻いたものを2個、2本の平行串に刺して焼き上げる。

 焼き上がったら、2本の平行串の真ん中でカットして、2本の串焼きとして出してくれるのだ。

 カリッと焼き上がった豚バラ肉をかむと、中からはトロリととろけたチーズ。そこにピータンの味わいも加わるのが面白いんだなぁ。

 5杯め(ソト1・ナカ5)となる「なか」と同時に、予定どおり「はくさい漬け」(150円)をもらって締めくくる。

 ゆっくりと2時間ちょっとの立ち飲みタイム。キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は2,600円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_1999a Img_2000a Img_2002a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピーとお通し(お新香) / れば

Img_2004a Img_2006a Img_2008a
しろ / ちれ / ピーマン肉詰

Img_2010a Img_2012a Img_2013a
がつ、こぶくろ / ピータンピーマン / はくさい漬け

店情報前回

《平成30(2018)年12月7日(金)の記録》

|

« 印パ料理で満腹忘年会 … 「シディークパレス(Siddique Palace)」(四ツ谷) | トップページ | 金曜日の夜はハシゴ酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67577719

この記事へのトラックバック一覧です: チーズの中にピータン … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

« 印パ料理で満腹忘年会 … 「シディークパレス(Siddique Palace)」(四ツ谷) | トップページ | 金曜日の夜はハシゴ酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »