« 宇都宮餃子で生ビール … 「宇都宮餃子館」(宇都宮) | トップページ | 忘年会前のゼロ次会で … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

げそ揚げタレかけで〆 … 立呑み「やきや」(荻窪)他

げそ揚げタレかけ

 宇都宮での仕事を終えて、荻窪駅に到着したのは午後6時半。

 いつもの仕事帰りと同じぐらいだ。

 一泊二日の宇都宮出張だったので、イカ切れ、モツ切れ、ホッピー切れになるほどではなかったけれど、それでもやっぱり、この時間帯に荻窪に着いたら「やきや」である。

 出張用の荷物(トロリーバッグ)があるので、本当は奥の立ち飲みテーブル席あたりが良かったんだけど、そんなときに限って、奥は満員。逆にカウンター中央部が空いている。

 カウンター下の、足を乗せるためのバーの上にバッグを置いて、自らの身体で倒れないように固定しておいてから、「ホッピー」(320円)を注文する。

 ここもそうだけど、立ち飲み屋には、足を乗せるバーがある店も多い。

 立ち飲みをしながらも、ときどきこのバーの上に片足をのせると、立ち疲れが防止できるような気がする。「気をつけ」「休め」の、「休め」に似てるのかな。

 つまみは今日も「いか大根」(250円)から。今の時期、これが基本ですね。

 ボリュームたっぷりの「いか大根」で、「ナカ(おかわり焼酎)」(160円)をもらって、これだけでホッピー2杯。

 「いか大根」を食べ終えて、3杯めとなる「ナカ」で、まだ残っていた「いかみみ刺身」(200円)を生姜しょうがで注文すると、それで「いかみみ刺身」が売り切れた。ギリギリのタイミングだったんですね。

 「いか刺身」も「いかみみ刺身」も、標準的にはワサビが付いてくるが、これをオプションで生姜に変えてもらうことも可能なのだ。

 ワサビ、おろし生姜ともに、それぞれの味わいがあって、どちらも捨てられない。

 だから、ワサビでもらったり、生姜でもらったり、その日の気分でどちらかを注文するようにしている。

 なお「いか刺身」も「いかみみ刺身」も、そのどちらかをひとり1回だけしか注文することができない。

 だから、この両者を食べ比べようとか、ワサビと生姜を食べ比べてみようという場合には、二人以上でやってきて互いにシェアしあうしかありません。

 ソト1・ナカ4の4杯めとなるナカとともに、「げそ揚げ」(200円)を『タレかけ』オプションで注文。

 なにしろ今日は、入店したときから、カウンターの目の前に、この「げそ揚げ」と「珍味わたあえ」が置かれてたからねぇ。

『最後はこれで〆よう!』

 と最初から決めていたのだ。

 1時間半ほどの立ち飲みタイム。今夜のお勘定は1,450円なり。どうもごちそうさま。

 このあと自宅に帰る前に、鷺ノ宮の「ペルル」に立ち寄って、ウイスキー水割りを飲んでから帰りましたとさ。

Img_2307a Img_2300a Img_2301a
立呑み「やきや」 / ホッピー / いか大根

Img_2304a Img_2318a Img_2308a
いかみみ刺身(生姜で) / 「ペルル」 / ウイスキー水割り

・「やきや」の店情報前回) / 「ペルル」の店情報前回

《平成30(2018)年12月21日(金)の記録》

(「ペルル」の次回)19.04.22 豚骨スープで黒糖焼酎 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政)他

|

« 宇都宮餃子で生ビール … 「宇都宮餃子館」(宇都宮) | トップページ | 忘年会前のゼロ次会で … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: げそ揚げタレかけで〆 … 立呑み「やきや」(荻窪)他:

» 2年連続の最多訪問店 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 阿佐ヶ谷「川名」を出て、改めて荻窪「やきや」へ。  店に着いたのは、午後9時50分。  この時間なら大丈夫だろうと思いきや、さすが年内最終営業日。まだ満員だ。  しかしながら、かろうじて焼き台前に、ひとり分の空間があったので、なんとかそこに滑り込んだ。  すでに「川名」で、ホッピーを2杯とチューハイ1杯をやってきた後なので、今夜はいつものホッピーにはせず、燗酒(250円)でスタートした。  つま... [続きを読む]

受信: 2019.01.30 21:39

« 宇都宮餃子で生ビール … 「宇都宮餃子館」(宇都宮) | トップページ | 忘年会前のゼロ次会で … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »