« 世界一うまい水餃子?! … 中国料理「上海菜館(しゃんはいさいかん)」(反町) | トップページ | 2年連続の最多訪問店 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

今年も完走すばらしい … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

完走のメダル


 平成30(2018)年も、今日で仕事納め。

 そして行きつけの立ち飲み店、「やきや」も年内の営業は今日までだ。

 仕事を終えて大急ぎで「やきや」に向かうと、店内は予想どおり超満員。

 焼き台のカイトくんとも目があったが、ゴメンという顔で、首を横に振られた。

 もう詰める余地もないほどの密集度合いなんだな。

 ワンクッション置いてから、改めて「やきや」に来ることにしよう。

 ということで向かった先は、となり駅、阿佐ヶ谷の「川名」である。

 JR中央線の西荻窪~市ヶ谷間は通勤定期券の範囲内なので、その間であれば、交通費を気にすることなく気軽に行き来することができるのだ。

 しかもその定期券は腕時計(Apple Watch)の中に入ってるので、落としたり忘れたりすることは、ほとんどない。これ、いいです。

 「川名」は年末年始に関係なく、月曜・火曜が定休日なので、平成30年の大晦日と31年の元日が定休日。

 今日も普通に営業中だし、店内はいつものようににぎわっている。

 かろうじて空いていた、カウンターの一番手前の席(レジ前)に陣取って、「ホッピー」(411円)を“赤”で注文すると、一緒に出されたお通し(サービス)はミカンだった。「川名」のお通しは、必ず果物なのだ。

 普通、ホッピーは白・黒と識別され、“赤”と言う場合には麦芽100%の「55ホッピー」を指すことが多い。

 しかし「川名」での“赤”は、その「55ホッピー」とは違って白ホッピーのこと。王冠の色が、白ホッピーは“赤”、黒ホッピーは“黒”ということで、王冠の色で区別しているのだ。

 つまみには「牛すじ煮込み」(324円)を注文。この後すぐに売り切れた。ぎりぎりセーフだったんだなぁ。

 この煮込み、大根やゴボウといった根菜類がうまい。特にゴボウがいい働きをしてるのだ。

 しかしながら、煮込みは店頭でお持ち帰り用の販売をしていることもあって、今日もそうだけど、いつも早めに売り切れてしまうのが玉に瑕。早めの注文が必須の一品なのである。

 「ナカ(おかわり焼酎)」(368円)をもらって、つまみに「鮭かま焼」(324円)を注文したら、これまた、それでちょうど売り切れ。微妙に残っている分も、すべて一緒に焼いて出してくれた。ありがとうございます。

 「鮭かま焼」の次は「きぬかつぎ」(238円)にしようかなぁ、と思っていたら、「鮭かま焼」を食べている途中で、その「きぬかつぎ」も売り切れた。残念。

 ホッピーをソト1・ナカ2で飲み終えて、3杯めは「酎ハイ(生レモン)」(411円)をもらって、つまみには「鳥生つくね串」(195円)と「鳥中おち串」(130円)を、両方ともタレで注文した。

 「鳥生つくね串」は、大きな肉だんごが一串に2個。ニンジンやゴボウなどを、小さく小さく刻んで練り込んだ肉だんごが美味しい。今度は塩焼きでも食べてみたいなぁ。

 久しぶりにタレ焼きを食べたけど、ここのタレは、みたらし団子ばりに甘い。昔ながらの東京風のタレ焼きだなぁ。(最近は醤油味が強いタレの店が多い。)

 〆の一品は「旨辛キムチ」(195円)。店主がサービスでアボカドのスライスを出してくれたので、それにのせて一緒にいただいた。これも、いいつまみだ。

 軽くワンクッションの予定が、しっかりと腰が据わってしまって2時間半。お勘定は2,446円でした。どうもごちそうさま。

 そうそう。2018年12月9日(日)に開催された第46回ホノルルマラソン。店主・川名さんは、今年もエントリーされ(23回め)、みごと完走されたそうです。エミさんも、10キロコースを完走されたそうです。おめでとうございます!

Img_2446a Img_2447a Img_2450a
ホッピーとミカン /牛すじ煮込み / ホノルルマラソン完走証

Img_2453a Img_2454a Img_2456a
鮭かま焼/酎ハイ(生レモン) /鳥中おち串、鳥生つくね串

Img_2457a Img_2458a Img_2459a
旨辛キムチ / アボカド /旨辛キムチをアボカドにのせて

店情報前回

《平成30(2018)年12月28日(金)の記録》

|

« 世界一うまい水餃子?! … 中国料理「上海菜館(しゃんはいさいかん)」(反町) | トップページ | 2年連続の最多訪問店 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も完走すばらしい … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

» 酒類はひとり4杯まで … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 仕事からの帰り道に「川名」に到着したのは午後6時半。  店内はほぼ満席状態ながら、カウンター席の奥から2番めが空いていて、そこに入ることができた。  今宵は「生グレープフルーツサワー」(411円)からスタートすると、サービスで出されるお通しは、くし切りにしたオレンジが2切れ。  この店のお通しは、必ず果物なのだ。 「うちでしか果物を食べないというご常連さんも多いからねぇ。なるべく果物も食べてもら... [続きを読む]

受信: 2019.02.13 09:04

« 世界一うまい水餃子?! … 中国料理「上海菜館(しゃんはいさいかん)」(反町) | トップページ | 2年連続の最多訪問店 … 立呑み「やきや」(荻窪) »