« 2019年のイカ初め … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 豚骨スープで黒糖焼酎 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »

食感抜群!えのき巻き … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

えのき巻


 金曜日は、仕事帰りに「すっぴん酒場」。

 いつものように「黒ホッピー」(450円)をもらうと、今日の「お通し」(100円)は定番のお新香。きゅうり、かぶ、大根のぬか漬けだ。

 そして焼きものは、今宵も「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)の3本セットからスタートだ。

 「すっぴん酒場」に来たら、この3本は絶対に外せない。このパターンに完全にはまっているのでした。

 この3本を食べてる間に、「中身(おかわり焼酎)」(250円)をもらうのも、これまたいつものパターン。

 ここまでは毎回、ほぼ同じ流れになる。ほとんど何も考えてない。

 最初の「れば」「ちれ」「しろ」の3本を食べ終えたところでやっと、『今日は何を食べようかなぁ』と考え始めるのだ。

 ちょうどそこへ、他のお客さんから「はくさい漬け」(150円)の注文が入ったので、私もその「はくさい漬け」をもらって、焼きものは「がつ」(100円)と「はつみみ」(100円)を注文した。

 「はつみみ」は、「はつ(心臓)」のへりの部分。白ネギやピーマンと一緒に串に刺し、塩味で焼き上げてくれる。

 「はつ」(100円)も美味しいんだけど、ついつい「はつみみ」のほうに引かれてしまうんだなぁ。

 4杯めとなる「中身」をもらって、「えのき巻」(200円)を追加注文する。

 「えのき巻」は、たくさんのエノキを、豚バラ肉でギュッと巻いたもの3個を、2本の平行串に刺して焼き上げたもの。

 焼き上がってから、平行串の真ん中に包丁を入れ、2本の串焼きとして出してくれる。

 「すっぴん酒場」で「えのき巻」を食べるのは、これが初めて。

 ギュッと詰まったエノキの、シャキシャキの食感がいいではありませんか!

 外に巻かれている肉の旨みとの相性もいいねぇ。

 5杯め(ソト1・ナカ5)の「中身」をもらって、「しょうがみょうが」(200円)で締めくくる。

 2時間ちょっとの立ち飲みタイム。キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は2,600円でした。どうもごちそうさま。

Img_2801a Img_2804a Img_2805a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピーとお通し / れば

Img_2806a Img_2808a Img_2809a
ちれ / しろ / はくさい漬け

Img_2811a Img_2813a Img_2828a
がつ / はつみみ / しょうがみょうが

店情報前回

《平成31(2019)年1月11日(金)の記録》

|

« 2019年のイカ初め … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 豚骨スープで黒糖焼酎 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食感抜群!えのき巻き … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 焼きもちで締めくくる … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 「成人の日」にからむ三連休。都内はとっても寒くて、出不精の私は、一歩も外に出ず、暖かい自宅での~んびりと過ごした。  四日ぶりに出社した今日の帰り道。帰りの電車の中で、モツを食べるか、イカを食べるか、ちょっと迷ったが、モツを食べることにして高円寺で下車。  高円寺駅から歩くこと約20分。野方の「すっぴん酒場」に到着だ。  その「すっぴん酒場」。昨日(成人の日)は、おおぜいの常連さんたちでにぎわっ... [続きを読む]

受信: 2019.02.06 07:32

« 2019年のイカ初め … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 豚骨スープで黒糖焼酎 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »