« 〆炭はソース焼きそば … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | あれば必ずイカとんび … 立呑み「やきや」(荻窪) »

焼きもちで締めくくる … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

もち


 「成人の日」にからむ三連休。都内はとっても寒くて、出不精の私は、一歩も外に出ず、暖かい自宅での~んびりと過ごした。

 四日ぶりに出社した今日の帰り道。帰りの電車の中で、モツを食べるか、イカを食べるか、ちょっと迷ったが、モツを食べることにして高円寺で下車。

 高円寺駅から歩くこと約20分。野方の「すっぴん酒場」に到着だ。

 その「すっぴん酒場」。昨日(成人の日)は、おおぜいの常連さんたちでにぎわったそうだが、平日の今日はガラガラ。先客は一人しかいない。こんな日もあるんですねぇ。

 さっそく「黒ホッピー」(450円)をもらって、「れば」「しろ」「ちれ」(各100円)を注文すると、すぐに出される「お通し」(100円)は、小さな「キャベツ&キュウリ味噌」だ。

 この「お通し」をつまみながら、やきとんの出来上がりを待つのが定番の過ごし方。

 必ず「れば」のタレ焼きが真っ先に出てくるので、これに七味唐辛子を振りかけていただいているうちに、1杯めの黒ホッピーを飲み干してしまう。

 「中身(おかわり焼酎)」(250円)をもらうと、「ちれ(塩)」と「しろ(タレ)」がほぼ同時に焼きあがってくる。

 ここまでは、いつ来ても、たいてい同じ流れとなる。

 3杯めとなる「中身」をもらって、今日は「さがり」(100円)と「あぶらにんにく」(100円)を注文した。

 「さがり」は横隔膜の肉を白ネギと一緒に串焼きにしたものだ。

 さらに「中身」(4杯め)をおかわりして、久しぶりに「じゃがー」(200円)を注文する。

 「じゃがー」は、その名のとおり(?)、ジャガイモを焼いたもの。表面に辛子をぬって食べるとうまいのだが、今日は思いっきり辛い一味唐辛子でいただいた。辛味が合うんだな。

 ソト1・ナカ5の5杯めとなる「中身」をもらって、本日の〆の一品は、新年らしく「もち」(150円)にした。

 「もち」は、1個ずつ袋に入って売られている「切り餅」に串を刺し、炭火でこんがりと焼き上げた後、醤油ベースのタレで味をつけてくれる。

 この「もち」、年始だからあるわけではなくて、年間を通して出してくれる定番メニューである。

 常連さんの中には、毎回、必ず「もち」をたのむ人もいるぐらい。

 カリッと焼けた「もち」もまた、いいつまみになるんだから面白い。

 ゆっくりと2時間ちょっと経ち飲んで、キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は2,400円なり。どうもごちそうさま。

Img_2880a Img_2881a Img_2884a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通し(生野菜)

Img_2885a Img_2887a Img_2889a
れば(タレ) / ちれ(塩) / しろ(タレ)

Img_2893a Img_2894a Img_2896a
あぶらにんにく、さがり / じゃがー / じゃがーには辛味が合う

店情報前回

《平成31(2019)年1月15日(火)の記録》

|

« 〆炭はソース焼きそば … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | あれば必ずイカとんび … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼きもちで締めくくる … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» サクッとクールダウン … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 赤羽「まるます家」での大新年会を後に、野方に到着したのは午後10時40分。  土曜日の「すっぴん酒場」は、いつもより30分早く、午後11時半に閉店。あと50分ほど飲めそうだ。  大勢での飲み会の後のクールダウンにはちょうどいいかもね。  店内には、先客の常連さんが3人。  さっそく「黒ホッピー」(450円)を注文すると、すぐに出される「お通し」(100円)は定番のお新香だ。  いつもは「れば」「... [続きを読む]

受信: 2019.03.03 10:26

« 〆炭はソース焼きそば … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | あれば必ずイカとんび … 立呑み「やきや」(荻窪) »