« ホヤ塩辛で八鶴の燗酒 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 店情報: 炭火串焼「テング酒場」(赤羽) »

いちごウィスキーハイ … たちのみ酒場「よるべ」(荻窪)

いちごウィスキーハイ


 仕事終わりに突然、会議室での飲み会に突入。

 あまりに突然だったので、ビールもちょっとしか冷えていないし、つまみも「柿の種」ぐらいしかない。

 それでも焼酎やウイスキーはたくさんあったので、ほぼ空酒からざけでグビグビとやる。

 夜9時過ぎに飲み終えて、帰路につく。

 とはいうものの、ほとんど何も食べていないので、帰り道のどっかで仕上げにちょっと飲み食いしないとなぁ。

 そんなことを思いながら駅への道を歩いていると、アップルウォッチがビビッと振動した。

「荻窪で飲んでたりしませんか?」

 というメッセージは、「古典酒場」の倉嶋編集長からだ。

 渡りに船とは、まさにこのこと。大急ぎで荻窪に向かうことにした。

 四ツ谷から荻窪までは、中央線快速電車で16分。わりと近いのだ。

 倉嶋さんが飲んでいる「よるべ」に向かうと、店内はまさに立錐の余地もないほどの大にぎわい。

 以前にも増して流行はやってますねぇ! さすがです!

 お客さんの多くはご常連さんらしく、それぞれ別々に入ってきながらも、店内に知り合いがいるようで、店全体が和気あいあいとしている。

 私も、無理くり倉嶋さんのとなりに割り込ませてもらって、倉嶋さんが飲んでいた「黄猿きえんソーダ割り」(430円)を注文して乾杯する。

 「黄猿」は、完熟させた『黄金千貫こがねせんがん』(サツマイモの一品種)から造られた芋焼酎だ。

 店主ひとりでのオペレーションながら、料理も充実しているのが「よるべ」の特長のひとつ。

 今日も「岡山直送 蒸しガキ(セイロ蒸し)」(5個680円)や「バゲットピザねぎブルーチーズ」(480円)、「れんこんオーブン焼き」(380円)などなど、引かれるメニューが数多い。

 そんな中から、「ひよこ豆ドライカレー」(480円)をいただいた。

 もうこれ以上は入れないだろうと思っていた店内だけれど、常連さんたちは、まだまだ続々とやって来る。

 そのたびに、「ここちょっと詰めてね」とか、「ここにひとり入れてあげてください」という的確な指示が、カウンターの中の店主から飛んで、なんとかうまく入っていく。

 それでもなお増えるお客さん。

「みんな、ちょっとずつ斜めになってください」と店主。

 出た。ダークだ。

 カウンターに対して正面を向いていた身体を、ちょっと斜に構えるようにして、利き腕だけで飲み食いするようにすることで、より大勢のお客さんが入ることができるのだ。

 大阪のほうでは、当たり前の立ち飲みマナーのようだが、東京の立ち飲み屋では、なかなかダークスタイルは見かけない。

 ここ「よるべ」のお客さんたちは、とても協力的で、みんなちゃんとダークになっている。

「あたし丸いから、ダークになっても、幅があまり変わらないんですよ……」

 という倉嶋さんの言葉に、飲んでたお酒を思わず吹き出しそうになった。

 いやいや。そんなことはないですよ。ちゃんとダークになってます(笑)。

 2杯めは、季節がわりの『旬のフルーツ生しぼりサワー』をいただく。今夜は和歌山の「はっさく」(560円)だ。

 倉嶋さんは「いちごウィスキーハイ」(500円)を注文。

 これがすごかった。

 ウイスキーの中にイチゴを浸け込んだものなんだけど、ウイスキーの味は、ほんのりとイチゴの風味が加わったぐらいなのに対して、イチゴのほうは完全にウイスキーの味に染められていて、見た目はイチゴなのに、食べるとウイスキーそのもの!

 これはもう、固体になったウイスキーだね!

 最後は「倉嶋スペシャル」(珈琲酎の豆乳割り+シナモン)で締めて、どうもごちそうさま。

 店を出ると午前0時40分。日付けが変わっちゃいましたねぇ。

 今夜も楽しい時間をありがとうございました。>倉嶋さん

Img_3312a Img_3313a Img_3314a
「よるべ」 / 黄猿(黄金千貫) / 黄猿ソーダ割り

Img_3315a Img_3317a Img_3318a
本日のお品書き / ひよこ豆ドライカレー / はっさくサワー

Img_3319a Img_3324a Img_3325a_2
いちごウィスキーハイ / はっさく、いちごウィスキー / 〆は倉嶋スペシャル

店情報前回

《平成31(2019)年2月1日(金)の記録》

|

« ホヤ塩辛で八鶴の燗酒 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 店情報: 炭火串焼「テング酒場」(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちごウィスキーハイ … たちのみ酒場「よるべ」(荻窪):

» 珈琲酎倉嶋スペシャル … たちのみ酒場「よるべ」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 「鳥もと本店」から歩いて1~2分。本日の5軒めは、たちのみ酒場「よるべ」である。  注文する飲みものは、もちろん「倉嶋スペシャル」だ。  この「倉嶋スペシャル」は、珈琲酎の豆乳割りに、シナモンスティックを投入したもの。  珈琲酎の豆乳割りは通常メニューなんだけど、これにシナモンスティックを投入すると「倉嶋スペシャル」になるのだ。  つまみは、ホワイトボードに手書きされている本日のメニューから、「... [続きを読む]

受信: 2019.03.16 17:48

« ホヤ塩辛で八鶴の燗酒 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 店情報: 炭火串焼「テング酒場」(赤羽) »