« 塩辛をヤッコにのせて … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | いちごウィスキーハイ … たちのみ酒場「よるべ」(荻窪) »

ホヤ塩辛で八鶴の燗酒 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野)

ホヤ塩辛


「このホヤの塩辛を食べるためだけに、うちに来る人もいるのよ」

 と女将さん。青森から直送されてきたという「ホヤ塩辛」(480円)は確かにうまい!

 この「ホヤ塩辛」と同時に、同じ青森(八戸)の地酒、「八鶴はちつる」の燗酒をもらったものだから、さらにその味わいが増すってもんだ。

 その土地のさかなには、その土地の酒。

 この組み合わせがいちばん合うに決まってる。

 水曜日の今日は、会社帰りに中野駅に降り立ち、久しぶりに「北国」へとやってきた。

 前に来たのが、2017年6月なので、実に1年半ぶりである。

 でも自分の感覚としては、もっと長いこと来てなかったような気がする。

 女将さんも同じような思いだったらしく、店に入るや否や、

「どうしたの? 何年も来なかったじゃない! 元気なの?(笑)」

 と笑顔を向けてくれた。

「元気なんです。なかなか来れなくてすみません。女将さんもお元気そうで、安心しました。」

 とごあいさつして、まずは大瓶ビールをキリンラガーでもらって、のどを潤す。

 いつもは、めいのユミさんも手伝ってるそうなんだけど、足を悪くして、今年に入ってからの1ヶ月で、まだ2日しか店に出ることができていないらしい。

 ユミさんがいると、女将さんがカウンターの中にいて、ユミさんが厨房で料理を作ってという連携ができるんだけど、ユミさんがいない今は、どっちも女将さんがやらないといけない。

 しばらくカウンターを離れて、奥の厨房に行き、お通しの「つみれ汁」を出してくれた。

「ユミがいなくて、一人でやってるから、私も疲れるわよ。」

 という女将さんは、88歳になられたそうだ。

 そのユミさんも、来週(2月から)は復帰予定とのこと。

 お通しの「つみれ汁」で大瓶ビールを飲み終えて、冒頭でご紹介した「ホヤ塩辛」と「八鶴」の燗酒をもらったのでした。

 店内には、いつもの常連さんたちに加えて、若いカップルもいる。このカップル、女性は北海道出身、男性は秋田出身とのこと。

 「北国」という店名に引かれて、やって来たのかな。

 ニコニコと美味しそうに飲み食いしている様子が、とっても微笑ましい。

 私も燗酒をおかわりし、冬場だけの「おでん」をもらう。玉子とガンモを注文すると、昆布も一緒によそってくれた。

 ここ「北国」おでんは、玉子が殻付きで入っているのが大きな特徴。

 といっても、完全な殻付きではなくて、鍋に入れるときに、コツンと殻にヒビを入れてから投入する。

 このヒビのところから、おでんダシの味が染み込むんですね。

 アチチ、アチチ、と言いながら、この玉子の殻をむくのも、これまたこの店のスタイル。

 ゆっくりと2時間ほど楽しんで、今夜のお勘定は2,500円でした。どもごちそうさま。

Img_3293a Img_3294a Img_3295a
店側壁の電灯 / 「北国」 / 本日の品書き

Img_3296a Img_3299a Img_3301a
つみれ汁、大瓶ビール / 八鶴(燗酒) / おでん

店情報前回

《平成31(2019)年1月30日(水)の記録》

|

« 塩辛をヤッコにのせて … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | いちごウィスキーハイ … たちのみ酒場「よるべ」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホヤ塩辛で八鶴の燗酒 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野):

« 塩辛をヤッコにのせて … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | いちごウィスキーハイ … たちのみ酒場「よるべ」(荻窪) »