« 食べんさい呑みんさい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: 中華料理「蓬莱閣(ほうらいかく)」(壬生川) »

関東煮つまみに日本酒 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山)

関東煮3本

 福山「自由軒」でちょっと飲み足りなかったので、今治へと向かうバスの時刻までの間、「稲田屋」まで足を延ばすことにした。

 午後1時過ぎの店内は、割りとゆったり気味。

「空いてるところ、どこでもどうぞ」

 という言葉で、空きテーブルのひとつに座り、「日本酒(常温)」(400円)と、「関東煮」(1本160円)3本からスタートする。

 この店は、焼酎がないのがとっても残念なんだなぁ。

 ここの「関東煮」(=甘い味付けの牛モツ煮込み)には、焼酎がよく合うと思うんだけど……。

 今日の3本は、黒(フワ、肺)が2本に、白(シロ、腸)が1本。

 それらを串から抜きながら「ねぎ(きざみ)」(100円)ももらって、たっぷりの一味唐辛子とともにかき混ぜる。これがうまいんだ。ネギと一味唐辛子、必須だね。

 ここの唐辛子は、「えっ!?」と思うぐらい、たっぷりとかけるのがコツ。

 モツがとても甘いからか、それくらい入れても、あまり辛さを感じないんだなぁ。

 「関東煮」を食べながら、早くも〆をどうするか考え始める。

 うどん、そばで〆るとしたら、「かけうどん・そば」(450円)よりも、「肉うどん・そば」(600円)、あるいは「肉玉うどん・そば」(650円)かなぁ。

 呉、広島は圧倒的にうどん文化なんだけど、福山はどっちなんだろう。肉なら「うどん」、肉玉なら「そば」が美味しそうに感じるけど……。

 でも、考えてみると福山から今治まで、高速バスで1時間半。

 ここであまり仕上げてしまうと、今治側で飲んだときに、(満腹感のために)酒が美味しくなくなってしまうかもなぁ。

 多少の空腹感で向かったほうがいいだろう。

 よしっ!

「すみません。追加で煮込みの白をもう1本、お願いします。」

 ということで、〆の一品は関東煮の白に決定。

 この1本で、ネギもすべて完食し、汁もすっかりいただいた。

 さっくりと40分ほど楽しんで、今日のお勘定は1,140円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_3884b Img_3885b Img_3886b
「稲田屋」 / 店頭のメニュー / 日本酒と関東煮3本

Img_3889b Img_3890b Img_3896b
ねぎ(きざみ)をもらって / 混ぜ合わせる / 白1本追加

 

店情報前回

《平成31(2019)年2月13日(水)の記録》

(次回)19.12.13 乗り換え前にサク飲み … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山)

|

« 食べんさい呑みんさい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: 中華料理「蓬莱閣(ほうらいかく)」(壬生川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東煮つまみに日本酒 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山):

« 食べんさい呑みんさい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: 中華料理「蓬莱閣(ほうらいかく)」(壬生川) »