« 二次会はおでんセット … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) | トップページ | 店情報: うどん「さんぽう」(壬生川) »

赤羽から野方に戻って … やきとん「すっぴん酒場」(野方)


 

 赤羽駅前で電車で帰るみなさんと解散し、私は路線バスで野方へ。

 このバス路線は、たいていの場合座れるし、行きは赤羽が終点なので絶対に乗り越さない。帰りも野方からは徒歩圏内の高円寺が終点なので、寝過ごしたとしてもダメージはほとんどないのだ。

 野方に到着したのは午後6時半。

 まだまだ帰宅するには早い時間帯なので、もう1軒、飲んで帰ることにしよう。

 野方の酒場で、今回の「東京名酒場100」に掲載されているのは「秋元屋」と「すっぴん酒場」の2軒。

 どっちも大好きな店なんだけど、大人気の「秋元屋」はお客さんが多過ぎるのが玉にきずかなぁ。

 ついつい、スッと入れる「すっぴん酒場」に足が向いてしまう。

 そんなわけで、今日も「すっぴん酒場」で「黒ホッピー」(450円)を注文すると、「お通し」(100円)は定番のお新香が出される。

 このお通しのお新香をつまみながら、焼きものができるのを待つのだ。

 その焼きものは、「さがり」(100円)と「かしら」(100円)を注文する。

 いつもの「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)に加えて、このところ、この「さがり」「かしら」の2品にもハマっているのだ。

 「れば」「ちれ」「しろ」は、それぞれ豚の肝臓、脾臓、小腸。内臓らしい内臓と言える部位だ。

 いっぽうで「さがり」「かしら」は、豚の横隔膜と頭の肉だ。

 横隔膜は内臓の一部と言えるかもしれないが、頭の肉は完全に肉。

 もつ焼きの材料として使われるのは、内臓だけではなくて、精肉を生産する過程で切り落とされた、頭、脚、尾なども含まれている。

 これらを総称して日本語では「畜産副生物」、英語では「バラエティミート」とか「ファンシーミート」と呼ばれているそうな。

 だからもつ焼きにも、肉っぽいものと、内臓のものがあるんですね。

 ちょうど他から「煮込み」(400円)の注文が飛んだので、私も「煮込み」を便乗注文。

 注文を受けてから小鍋で仕上げる、この店の「煮込み」が好きなんだなぁ。

 ゆっくりと2時間半ちょっとの立ち飲みタイム。

 黒ホッピーはソト1・ナカ3で、キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は1,650円でした。

 どうもごちそうさま。

黒ホッピーとお通し / さがり / かしら
店情報前回
《平成31(2019)年2月11日(月)の記録》

(次回)19.04.09 はじめてのカス煮込み … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

|

« 二次会はおでんセット … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) | トップページ | 店情報: うどん「さんぽう」(壬生川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二次会はおでんセット … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) | トップページ | 店情報: うどん「さんぽう」(壬生川) »