« 山口の名物料理で獺祭 … 山口食彩店「福の花(ふくのはな)」(四ツ谷) | トップページ | 店情報: 日本酒バル「どろん」(西荻窪) »

いか納豆をタレかけで … 立呑み「やきや」(荻窪)

いか納豆タレかけ


 今日の立ち位置は、カウンター中央部。

 カウンター上に置かれた、「げそ揚げ」と「珍味わたあえ」の前である。

 さっそく「ホッピー」(320円)をもらって、つまみはやっぱり「いか大根」(250円)から。

 「いか大根」は11月末から2月末までの3ヶ月しかない季節商品なので、ある間に食べておかなきゃね。(今シーズンの「いか大根」は、2月23日(土)をもって終了しました。)

 その「いか大根」を食べ終えるころに、

「このツユで、げそ揚げを食べると美味しいよ」

 と女将さん。それはぜひ食べみなきゃ!

 ということで目の前の「げそ揚げ」(200円)を注文。

 最初はちょっとだけ浸けて食べてみたんだけど、これはどっぷりと浸けたほうが旨い。よーく浸していただいた。

 この食べ方、おすすめ! ぜひ次の「いか大根」の季節に試してみてください。

 4杯めとなる「ナカ」(160円)をもらって、続いてのつまみを注文する。

「『いか納豆』(200円)を……、『タレかけ』でお願いします。」

「えぇーっ!」

 女将さん、カイトくん、ヨーコさんの3人から、一斉に「えぇーっ!」の声が返ってきたものの、注文どおり、「いか納豆」に「珍味わたあえ」の残りダレをかけて出してくれた。

 いつものように、まずは納豆の部分だけを混ぜ、続いてイカや刻みネギなども含めて、全体をグリグリとよーくかき混ぜる。

 そして、まずひと口……。

 うわっ、甘っ!

『この甘さは、途中から醤油を足して食べるほうがいいかなぁ。』

 と思ってたんだけど、食べ進むにつれて、この甘さが旨みにつながるように感じてきた。

 甘みのあとから、ワサビのツンがやってくるのがいいんだろうなぁ。

 これはいい。クセになる。絶対にまた頼むと思う。

 甘さと旨みのコクのあとは、さっぱりと「漬物」(170円)で締めくくる。

 すべてのつまみに対して手を抜かないのが「やきや」のいいところ。この「漬物」だってそうだ。塩味控えめの、ちょっと酸味を感じる白菜漬けが美味しいこと。

 ゆっくりと1時間半ほど立ち飲んで、今夜のお勘定は1,620円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_3550a Img_3533a Img_3535a
立呑み「やきや」 / ホッピー / いか大根

Img_3536a Img_3538a Img_3540a
げそ揚げ / いか大根の残りダレを / からめながらいただく

Img_3543a Img_3547a Img_3549a
いか納豆タレかけ / よ~くかき混ぜて / 〆は漬物

店情報前回

《平成31(2019)年2月5日(火)の記録》

|

« 山口の名物料理で獺祭 … 山口食彩店「福の花(ふくのはな)」(四ツ谷) | トップページ | 店情報: 日本酒バル「どろん」(西荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いか納豆をタレかけで … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 荻窪のせんべろエリア … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 吉祥寺で「肉山」、「未来日本酒店」とハシゴして、午後4時。  ちょうど荻窪「やきや」の開店時刻である。  土曜日だけど、開店直後なら大丈夫かな?  ということで、3人で中央線に乗り込んで荻窪へ。  「やきや」に到着したのは、午後4時20分だ。さあ、どうかな?  のぞき込んだ店内は、なんと満員!  みんな、出足がいいなぁ。  いちばん奥のテーブルに、2人分ぐらいなら空きがあるそうで、そこに3人で無... [続きを読む]

受信: 2019.03.12 07:00

« 山口の名物料理で獺祭 … 山口食彩店「福の花(ふくのはな)」(四ツ谷) | トップページ | 店情報: 日本酒バル「どろん」(西荻窪) »