« 店情報: 日本酒バル「どろん」(西荻窪) | トップページ | カシラの旨さを再認識 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

日本酒と創作料理の店 … 日本酒バル「どろん」(西荻窪)

希少野菜と自家製ディップ


 パソコン通信の時代から、ほぼ30年来のネット仲間である、えっぷさんにお誘いいただいて、西荻窪の日本酒バル「どろん」にやってきた。

 ここはえっぷさんの知り合いで、まだ20代という若手店主が開いた日本酒と創作料理の店。

 2019年1月21日にオープンしたばかりの、真新しい酒場である。

 このところ、酒場閉店の話が多かったので、新しい店のオープンはうれしい限り。

 店は西荻窪駅南口の目の前。ビルの地下1階にある。

 店内は入口から奥に続くカウンター10席と、店の奥のほうがちょっと広がって、10席分のテーブル席がある造り。

 我われは入口近くのカウンター席に座り、まずは「生ビール」(500円、以下すべて税別表記)をもらって乾杯である。

 すぐに出される「お通し」(250円)は、みりん干し、黄身の味噌漬け、燻製ピーナッツの3点盛り。

 えっぷさんは、この店に来るのは2回め。

 前回来たときに、すごく美味しかったという「熟成さばと旨味キャベツ炒め」(620円)を注文し、メニュー上で、その「熟成さばと旨味キャベツ炒め」に合うお酒として記載されている「杉錦すぎにしき 生もと 純米(静岡)」(180ml、850円)を熱燗にしてもらう。

 日本酒は20種類ぐらいがメニューに載っていて、それぞれ半合(90ml)と1合(180ml)が選べる。

 価格は大きく3つの価格帯に分かれている。半合450円・1合850円のが10種類、半合650円・1合1,200円のが7種類、半合750円・1合1,350円のが2種類だ。

 この他に「どろんの利き酒セット」(980円)というのもあって、その日のオススメの冷酒3種類を出してくれる。

 さらに『試作回数12回の力作! 日本酒にピッタリのポテトサラダ』と書かれた「どろんのポテサラ」(480円)も注文。料理もさることながら、メニューに添えられた説明文が面白いね。

 開店してから、まだ2週間半ぐらいしか経っていないのに、店内はお客さんが多い。若い人よりも、年配の夫婦連れのお客さんが多いかな。

 我われのとなりに座っているご夫妻は、「高円寺経済新聞で見て来ました」と話している。

 みなさん、アンテナが高いなぁ。

 続いては『塩麹でジューシーに、山椒でピリ辛に仕上げた大人の唐揚げ』と書かれた「どろんのとり唐揚げ」(580円)を注文し、お酒は『知多半島のおじさん酒』という「白老はくろう 上撰(愛知)」(180ml、850円)を、これまた熱燗で作ってもらう。

 店主・和田雄磨さんが岐阜の出身ということもあって、東海地方の日本酒が多いんだそうな。

 いまや『日本至る処名酒あり』という状況なので、こうやって地域を絞ってみるのも面白いかもね。これまで知らなかったお酒を飲むことができるのがうれしいし、美味しい。

 『熟成キャベツを使用。旨味が中に詰まってます。皮はもちパリ』という「肉汁あふれる焼餃子」(580円)を注文し、お酒は『飲むと踊り出したくなるしっかりめ+キレ』と紹介されている「金鼓きんこ 純米(奈良)」(180ml、850円)を冷酒でもらう。

 えっぷさんは「どろんのとり唐揚げ」と相性がいいと紹介されている「AKAYANE 山椒ハイボール」(650円)を注文した。これは山椒から造ったスピリッツの炭酸割りなんだって。

 さらに「希少野菜と自家製ディップ」(680円、冒頭の写真)も注文。これは『三浦半島から産地直送の珍しい野菜たちと2種類のディップ。ディップ1:しょうゆ麹青唐辛子味噌、完全オリジナル。ディップ2:フムス、ひよこ豆を使用したレモン風味。ディップだけでも日本酒が飲めちゃいます』という料理だ。

 カウンター内の厨房で料理を担当しているのも、若手の料理人。お酒は弱いそうなのだが、作ってくれる料理はどれも、お酒にぴったりだ。

 お酒を作ってくれる?酒師の方も、料理の方も、みんなが一所懸命なのが気持ちがいいね。

 〆の一品として選んだのは、『カキのうまさを改めて感じることができる一品』という説明書きがある「カキ発酵バターソテー」(680円)。

 合わせるお酒は愛知の「菊鷹きくたか 純米無濾過生」(180ml、1,200円)だ。

 濃厚なコクの「カキ発酵バターソテー」に、薄にごりの「菊鷹」がよく合う!

 3時間ちょっと楽しんで、お勘定は二人で10,280円(9,520円+消費税)。ひとり当たり5,140円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_3555a Img_3557a Img_3558a
「どろん」1階入口 / 生ビール / お通しの三点盛り

Img_3565a Img_3570a Img_3568a
杉錦 生もと 純米 / 燗でいただく / 熟成さばと旨味キャベツ炒め

Img_3574a Img_3575a Img_3577a
どろんのポテサラ / 白老 上撰 / どろんのとり唐揚げ

Img_3578a Img_3582a Img_3583a
AKAYANE 山椒ハイボール / 肉汁あふれる焼餃子 / 金鼓 純米

Img_3585a Img_3591a Img_3594a
冷酒で / 菊鷹 純米無濾過生 / 薄にごりだった

Img_3598a Img_3601a Img_3597a
カキ発酵バターソテー / カキを小皿に取り分けて / 壁の絵

店情報

《平成31(2019)年2月6日(水)の記録》

|

« 店情報: 日本酒バル「どろん」(西荻窪) | トップページ | カシラの旨さを再認識 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒と創作料理の店 … 日本酒バル「どろん」(西荻窪):

« 店情報: 日本酒バル「どろん」(西荻窪) | トップページ | カシラの旨さを再認識 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »