« にらレバ&半ラーメン … 中華料理「蓬莱閣(ほうらいかく)」(壬生川) | トップページ | 二次会はおでんセット … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) »

ぴあムック東京名酒場 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽)

東京名酒場100

 2019年3月25日に、ぴあMOOKから、「東京名酒場100」(880円+税)が発刊されます。

 私も巻頭特集で、「おんな酒場放浪記」でもおなじみの倉本康子さんと対談させていただきました。

 対談の場所は赤羽の大人気酒場「まるます家」。

 集合時刻の30分ほど前に、赤羽駅前で倉本さんと合流し、ゼロ次会も「まるます家」。

 倉本さんは生ビールを、私は熱燗をもらって乾杯し、おつまみには「カニみそ(冷凍)」(400円)を注文。

 この熱燗とカニみその組み合わせは、ギタリストのテラシィイさんが、この店でスターターとして好む組み合わせ。

 最初に熱燗で胃袋を温めておくのがいいんだそうな。

 そしてその熱燗にピッタリなのがカニみそ。メニューに「カニみそ(冷凍)」とあるとおり、まさに冷凍されていてカチカチなんだけれど、それがいいのだ。

 カチカチといっても、そこはカニみそのこと。

 そんなに硬くてたまらないわけではなくて、もろいチョコレートのような感じで、コクッと噛み切れる。

 その冷たいカニみそが、熱燗で温まった舌の上でジワァ~ッと溶けて、えもいわれぬ旨みが広がってくるのである。

 フランスでの取材から帰国したばかりの倉本さんの注文は、もちろん「たこ刺身」(750円)。倉本さんと言えば、生ビールとタコ。鉄板の組み合わせなのだ。

 そうこうしているうちに、酒井きみ子編集長や編集のみなさんたちも到着。

 そのままジワッと本編の取材に入っていったんだけど、とにかくこの対談が楽しくて楽しくて。

 取材だけでも3時間近く。ゼロ次会からだと3時間半ほどだったのに、本当にあっという間でした。

 そんなたくさんのお話を、ライターさんが絶妙にまとめてくれて、とてもすばらしい記事になりました。

 この「東京名酒場100」は、2014年6月26日に出版された同名のムック、「東京名酒場100」の後継更新版となるムックです。

 紹介されている100軒の酒場は、間違いなく東京を代表する名酒場ばかり。

 その都内100軒の名酒場を、

  • 街で選ぶ名酒場(赤羽、新橋、北千住、上野)
  • 人と箱で選ぶ名酒場(大将・女将、古典酒場、立ち呑み、大衆酒場、昼呑み)
  • 酒と肴で選ぶ名酒場(美酒、串、魚介、おでん)
 という3つの切り口で紹介してくれているのが、これまたおもしろい。

 間違いなく東京で飲み歩く場合の、『呑兵衛のバイブル』と言える本に仕上がっていると思います。

 ぜひご笑覧いただけるとありがたいです。


「まるます家」 / カニみそ / たこ刺身


たぬき豆腐 / 鯉あらい / げそ天


うなぎ蒲焼 / 編集長と一緒に / 若女将と一緒に

店情報前回

《平成31(2019)年2月11日(月)の記録》

|

« にらレバ&半ラーメン … 中華料理「蓬莱閣(ほうらいかく)」(壬生川) | トップページ | 二次会はおでんセット … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« にらレバ&半ラーメン … 中華料理「蓬莱閣(ほうらいかく)」(壬生川) | トップページ | 二次会はおでんセット … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) »