« 珈琲酎倉嶋スペシャル … たちのみ酒場「よるべ」(荻窪) | トップページ | 関東煮つまみに日本酒 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) »

食べんさい呑みんさい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

すじ(おでん)

 福山駅で新幹線を降りて、「自由軒」に到着したのは午前11時50分。

 ちょうど昼どきなんだけど、普通の会社の昼休みが始まる10分前。

 どうだ?!

 と入った「自由軒」のコの字カウンターは、両側の平行部は満員。入口に近いコの字の短辺のところに、左に1席、右に1席と、飛び飛びに2席分の空きがあったので、そのうちの1席に入れてもらう。

 まずは入れて良かった良かった。

 おでん鍋前で構えるおねえさんに、

「大ビール(600円)をアサヒで。あと豆腐(150円)をください」

 と最初の注文をお願いした。

 豆腐はもちろん、おでんの豆腐のこと。これに「自由軒」ならではの味噌ダレをかけてもらう。これがうまい。

 その豆腐をいただきながら、ホワイトボードメニューを確認する。

 気になったのは「タラの芽天ぷら」(400円)と「レモンカキ」(500円)。特に「レモンカキ」。これはなんだろう?

 真っ昼間のこの時間帯、食事だけ(ランチ)のお客さんも多くて、若い女性の二人連れなんかもいる。飲み処としてのみならず、食事処としてもにぎわってるんだなぁ。

 人気があるのはオムライス、焼きめし、カレーライスと、トンカツ定食、チキンカツ定食などの定食類。定食は大きなお盆にのってやってくるので、定食の注文が多い場所では、お盆がカウンターからはみ出してるような状況だ。

 となりのおじさんが3杯めの生ビール(600円)とともに「トマト」(400円)を注文すると、「トマトはマヨネーズ? 塩?」と店のおねえさん。

 おじさんが「塩で」と返すと、丸ごとのトマトを8つにくし切ったものが、平皿に盛られ、紅葉の葉っぱが添えられて出てきた。それとは別に粗塩の小皿である。

 なんともおしゃれだし、真っ赤に熟れたトマトが、いかにも美味しそうではありませんか!

「トマト、よくれてますねぇ!」

 思わずそう声をかけると、

「ほんに、うまそうじゃ。にいさんもぜひ食べてくれ。」

 と、おじさんの分と、私の分と、2本の爪楊枝を、別々のトマトに刺して、こっちに突き出してくれた。

「いやいや。とんでもない。どうぞ召し上がってください。」

 と遠慮したものの、

「わしゃ、ちょっとだけしか食べんのじゃ。じゃけ食べんさい。」

 とおじさん。これ以上、遠慮するのも悪いので、一切れいただいてみると、見た目のとおり美味しいこと!

 そこから、このおじさんといろいろと話をするようになった。

 これが大衆酒場の面白いところだ。

 つまみは、おでんの「すじ」(300円)を追加する。これももちろん味噌ダレだ。

 となりのおじさんは府中出身で、若いころに福山で働いていたんだそうな。そのころからこの店に来ていたんだけど、今は府中に戻っているため、ときどきしかこの店にも来られない。今日も、久しぶりに「自由軒」に来たとのこと。

「にいさんに生ビール(600円)やってや。あとカキフライ(800円)ね。」

 と注文するおじさん。

 そして出てきたカキフライを、これまた「食べんさい食べんさい」と勧めてくれる。

 2月は、広島のカキが一番おいしい季節。せっかくなので、熱々のカキフライを1個、シュッとレモンを絞って、粗塩あらしおでいただいた。

「今まで飲んだ分も含めて、今日は全部わしが払うけぇ、どんどん飲み食いしてくれ。」

 とおじさん。いやいや。それは困るし、そうおっしゃっていただくと、逆にこの先の追加注文がしづらい。

 おじさんの出費があまり膨らまないうちに、

「これからまだバスで移動しないといけないので。」(←これはホント。時刻はもうちょっと後だけど……。)

 ということでお勘定をお願いしたら、「いやいや、これはわしが払う」と、私の伝票をキープしてしまった。

 自分が注文したのは大ビール、とうふ、すじ、合計1,050円なので、それほど高くはないんだが、トマトや生ビール、さらにはカキフライもいただいてるからなぁ。

『どうしよう?』

 と店のおねえさんに目顔でたずねると、おねえさんも

『今日のところは、おごってもらっときんさい』

 と目顔で返してくれる。

 よしっ!

 と決心して、となりのおじさんに

「すみません。今日はごちそうになりました。どうもありがとうございます。」

 とお礼を言って、店を後にしたのでした。

 新入社員のころ(今から35年ほど前)に、呉の酒場でこんなことが(わりとよく)あったけど、最近では久しぶりだなぁ。なんだかとっても懐かしい気持ちになりました。

Img_3883a Img_3878a Img_3879a
「自由軒」 / 大ビール(アサヒ) / 豆腐(おでん)

Img_3880a Img_3881a Img_3882a
すじ(おでん) / おじさんから生ビール / おじさんからカキフライ

店情報前回

《平成31(2019)年2月13日(水)の記録》

(次回)19.04.03 愛媛からの帰り道には … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

|

« 珈琲酎倉嶋スペシャル … たちのみ酒場「よるべ」(荻窪) | トップページ | 関東煮つまみに日本酒 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べんさい呑みんさい … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山):

« 珈琲酎倉嶋スペシャル … たちのみ酒場「よるべ」(荻窪) | トップページ | 関東煮つまみに日本酒 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) »