« 日本酒と創作料理の店 … 日本酒バル「どろん」(西荻窪) | トップページ | 離京する旧友の壮行会 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

カシラの旨さを再認識 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

かしら

 

「えっ。これ他のお客さんのじゃない?」

 店主から出された「もつ焼き」を見て、思わずそう問いかけた。

「カシラですよ」と店主。

 えっ! そうだったのか!

 確かにカシラ(100円)は注文した。

 でも自分が想像していたカシラの姿とは違ってる。

 カシラというのは、豚の頭部の肉のこと。だから、もっとかたまりの肉っぽい感じの「もつ焼き」が出てくるものと思っていたのだ。

Img_6972a Img_7620a Img_3164a
【参考】他店のカシラ画像:「宇ち多゛」/「秋元屋」/「石松」

 その想像に反して、「すっぴん酒場」のカシラは、割りと細かくカットされた頭肉が、1串にびっしりと刺されていて、茶色くて細長い棒状の肉のかたまりに見える。

 この細かい肉がびっしりと、ということが、肉全体の表面積を増やしていて、食べたときの味わいが増すんですね!

 それにしても、前回もカシラをいただいたのに、そのときにはこの肉のびっしり感に気づいていなかったなぁ。

 酔っ払ってボォーッと食べてたに違いない。

 今日は、奥が詰まってて、久しぶりに入口近くで立ち飲んだので、照明の当たり方もいつもと違ってた。それもあって、これまでのカシラと違って見えたのかもね。

 「すっぴん酒場」のカシラ。これはハマりそうだ。

◇ ◇ ◇

 今日も今日とて、仕事帰りに「すっぴん酒場」に到着したのは午後6時半。

 中央線通勤の現在は、高円寺駅で下車し、運動不足の解消も兼ねて、野方までトコトコと歩いていくのである。

 そしていつものように「黒ホッピー」(450円)をもらって、「れば」「しろ」「ちれ」(各100円)を注文すると、お通し(100円)にはお新香が出された。

 最初に出された「れば」を食べ終えたところで、「ナカ」(250円)をおかわりするのもいつものペース。そのついでに、「さがり」(100円)と「かしら」(100円)も注文した。

 「さがり(横隔膜)」も「かしら(頭肉)」も、豚もつの中では、肉っぽい部位。

 どっちかというと、肉っぽい部位よりは、「れば」「ちれ」「しろ」のような、『いかにもモツ』という部位が好きなので、「さがり」や「かしら」は、これまで時々しか注文していなかったのだ。

 今日は久しぶりに注文して、「さがり」はもちろん、「かしら」の旨さも改めて再認識できたのが良かったなぁ。

 さらに「ナカ」をおかわりながら、「ハラミナンコツ」(100円)と「あぶらにんにく」(100円)も追加注文。

 最後に5杯め(ソト1・ナカ5)となる「ナカ」をもらって、ツクネの詰まった「れんこん」(150円)と、冬だけの「はくさい漬け」(150円)で〆。

 2時間半ほどの立ち飲みタイム。キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は、2,550円でした。どうもごちそうさま。

Img_3631a Img_3608a Img_3610a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通し(お新香)

Img_3611a Img_2693a Img_3616a
れば / ちれ / しろ

Img_3619a Img_3621a Img_3623a
さがり / かしら / あぶらにんにく

Img_3624a Img_3627a Img_3629a
ハラミナンコツ / れんこん / はくさい漬け

店情報前回

《平成31(2019)年2月7日(木)の記録》

(次回)19.03.26 赤羽から野方に戻って … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

|

« 日本酒と創作料理の店 … 日本酒バル「どろん」(西荻窪) | トップページ | 離京する旧友の壮行会 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシラの旨さを再認識 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

« 日本酒と創作料理の店 … 日本酒バル「どろん」(西荻窪) | トップページ | 離京する旧友の壮行会 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »