« 鰹たたきは意外に高い … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) | トップページ | 帰京したらもつ焼きも … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

飲みものコンプリート … 立呑み「やきや」(荻窪)

 高知への出張から帰って、「やきや」に来たら、予想どおり「いか大根」が終了していた。

 「いか大根」の季節は、毎年、11月下旬から2月下旬まで。次に出会えるのは今年の年末だなぁ。

 そんなわけで今日は、お久しぶりの「ホッピー」(320円)と「いか刺身(生姜しょうが)」(200円)からスタートした。

 ックゥ~~ッ。高知の日本酒も美味しかったけど、ホッピーも効くねぇ!

 今日は入店した時点(午後6時半ごろ)で、「珍味わたあえ」(200円)も「げそ揚げ」(200円)も売り切れ。平日(木曜日)なのに、みなさん、出足がいいなぁ。

 「ナカ(ホッピーのおかわり焼酎)」(160円)をもらって、2品めのつまみは「いかげそ焼」(200円)にした。

 「いかげそ焼」は、タレ焼きにしたイカゲソに、マヨネーズが添えられる。このマヨネーズに七味唐辛子を振りかけて、ちょっとピリ辛にするのが好みだ。

 3杯めとなる「ナカ」には「自家製塩辛」(200円)を合わせる。

 ここの塩辛は、あまり塩からくないのがいい。実にやさしい味つけで、いくらでも食べられる。

 この「自家製塩辛」だけで、もう1杯「ナカ」をもらって、これでソト1・ナカ4だ。

 「やきや」のホッピーは、ソト1・ナカ4(最初のセット+ナカ3杯)がマックス。それ以上のナカは注文することができない。

 ここのホッピーは、焼酎の量がけっこう多いので、最初のホッピーのあと、「ナカ」をもらうときに、「氷は足さないで」とお願いして、その氷がない分、ソトをたっぷりと注いで、ソト1・ナカ2ぐらいの飲み方をしている人も多い。

 私も以前は、今よりもソトをたっぷりと注いで、ソト1・ナカ3ぐらいで飲んでたんだけど、最近はすっかりソト1・ナカ4派になってしまった。

 今日はもうちょっと飲みたい気分。何をもらおうか?

 ちょっと考えて、「ウーロンハイ」(280円)を注文した。

「ウーロンハイ? 珍しいですね」とヨーコさん。

 そうなのだ。「やきや」に通って18年。これが初めての「ウーロンハイ」なのである。

 そして、この「ウーロンハイ」で、メニューに書かれている飲みものはコンプリート。すべてを飲んだことになる。

 ちなみにメニューにある飲みものは、「酒一杯」(250円)、「にごり酒」(270円)、「ホッピー」(320円)、「ビール(中)」(380円)、「生ビール(中)」(380円)、「ウーロンハイ」(280円)、「レモンサワー」(280円)、「ウイスキー水割(300ml瓶)」(380円)の8種類。

 あえて『メニューにある飲みもの』と書いたのは、メニューにない飲みものもあるから。

 その筆頭が、ホッピーのおかわり焼酎である「ナカ」(160円)だ。これはどこにも書いてないのに、みんな普通に注文している。

 それ以外にも、自分は注文したことがないけれど、「ホッピー梅入り」や「焼酎お湯割り」もあるようだ。

 最後に「いかなんこつ焼」(200円)をもらって、1時間40分ほどの立ち飲みタイム。

 今夜のお勘定は1,880円でした。どうもごちそうさま。


ホッピー / いか刺身(生姜) / いかげそ焼


自家製塩辛 / 「やきや」のメニュー / いかなんこつ焼

店情報前回

《平成31(2019)年2月28日(木)の記録》

(次回)19.04.29 生わかめの季節が到来 … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« 鰹たたきは意外に高い … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) | トップページ | 帰京したらもつ焼きも … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鰹たたきは意外に高い … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) | トップページ | 帰京したらもつ焼きも … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »