« 帰京したらもつ焼きも … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 今回もまた鯛かぶと煮 … 魚魚や「鯛一(たいかず)」(四ツ谷) »

豚骨スープで黒糖焼酎 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政)他

 「すっぴん酒場」を出て、今夜の2軒めは都立家政の「ばりこて」だ。

 出張に行ってる間、麺類を食べる機会がなかったので、ラーメンも久しぶりだ。

 でもやっぱり、まずは黒糖焼酎「里のあけぼの」(400円)のロックからスタートだ。

 つまみはシンプルに「ひとくちめんたい」(160円)にする。

 この辛子明太子を、チビチビとつまみながらいただく黒糖焼酎がうまいんだ。

 「ばりこて」は昨年末までは二人で切り盛りされていたが、今年に入ってからは長尾さんがひとりで切り盛り中。

 この店は、ラーメンのみならず、餃子や各種のおつまみもメニューに並んでいるので、ひとりだとけっこう大変だろうなぁ。

 「ひとくちめんたい」を食べ終えたところで、「博多ラーメン」(650円)を、いつものとおり「ばりかた」で注文する。

 この店の麺のゆで方は、硬いほうから「1.なま」、「2.ばりかた」、「3.かた」、「4.ふつう」、「5.やわ」と5段階が選択できるのだ。

 ラーメンが出てきたら、間髪入れずにすすり込む。

 そして麺を食べきったところで、黒糖焼酎のロックをおかわりだ。

 あえて残したラーメンスープが、焼酎ロックのつまみとして、ちょうどいいのだ。

 そしてここから、カウンター上に置かれているゴマや紅生姜、辛子高菜などを順次投入しながら、スープの味に変化をつけていく。これも楽しみのひとつだ。

 さっくりと45分ほどの博多ラーメン呑み。お勘定は1,610円でした。

 土曜日なのでもう1軒、と向かったのは博多ラーメン「ばりこて」から徒歩5分ほどのところにある、昭和35(1960)年創業の老舗バー「ペルル」だ。

 キープしている「ブラックニッカ スペシャル」を水割りでいただいて、3軒のハシゴ酒を終了した。


「ばりこて」 / メニュー / おつまみメニュー


黒糖焼酎、ひとくちめんたい / 博多ラーメン / にんにくを投入


黒糖焼酎おかわり / 薬味を足しながら / 「ペルル」で水割り

・「ばりこて」の店情報前回) / 「ペルル」の店情報前回

《平成31(2019)年3月2日(土)の記録》

「ペルル」(次回)19.05.18 新年度初のひとり呑み … 立呑み「やきや」(荻窪)他

|

« 帰京したらもつ焼きも … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 今回もまた鯛かぶと煮 … 魚魚や「鯛一(たいかず)」(四ツ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰京したらもつ焼きも … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 今回もまた鯛かぶと煮 … 魚魚や「鯛一(たいかず)」(四ツ谷) »