« 店情報: 須崎魚河岸「魚貴(うおたか)」(高知) | トップページ | 店情報: 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) »

土佐の魚で土佐の地酒 … 須崎魚河岸「魚貴(うおたか)」(高知)

 東京から、福山を経由して、松山の実家にも立ち寄った後、やって来たのは高知である。

 同じく東京から、岡山経由でやってきたKさんと、ホテルで合流して夕食に出かける。

「この近くで、日曜日にもやってるオススメの居酒屋はありますか?」

 ホテルのフロントで、そう尋ねたところ、すぐ近くの「須崎魚河岸 魚貴 追手筋店」を紹介してくれた。

 お店に入り、まずは「生ビール(中)」(500円、以下すべて税別表記)をもらって乾杯すると、生ビールと一緒に出されたお通しは、タコ、大根、キュウリの和えものだ。

 『2月23日 本日の鮮魚』という日付入りのメニューには、土佐名物の鰹(カツオ)をはじめとする魚介類がずらりと並んでいる。

 その中から、「当店おすすめ♪」という注記が入った「須崎の鮮魚5種盛り合わせ」(1,500円)と、店員さんに勧められた「〆サバ」(900円)を注文する。

 そして、その刺身類が届いたところで、土佐の地酒「酔鯨」の熱燗を二合徳利(780円)でいただく。

 同行のKさんも私も燗酒が好きなので、一緒に出張に出かけるときはいつも燗酒だ。

 土佐の魚に土佐の地酒。これが合わないはずがない。

 お店の人は、「この時期の地ガキも美味しいですよ」と勧めてくれたのだが、Kさんが、カキがあまり得意じゃないということで、残念ながらこれはパス。私ひとりだったら、きっと注文してただろうな。

 刺身に続いては、カツオの内臓の塩辛「酒盗(しゅとう)」(480円)をもらって、熱燗二合は「司牡丹」(780円)をもらう。

 さらに一夜干しの「メヒカリ焼き」(760円)をもらうと、これが爆発的に旨くて、燗酒が進んで進んで、「土佐鶴」を熱燗二合(780円)を追加する。

 最後は「おむすび」(1個200円)を、ひとり1個ずつもらって〆。

 ゆっくりと2時間ほど楽しんで、お勘定は二人で7,861円(ひとり当たり3,930円)でした。どうもごちそうさま。


須崎魚河岸「魚貴」追手筋店 / 生ビール(中) / お通し


須崎の鮮魚5種盛り合わせ / 〆サバ / 「酔鯨」熱燗二合


酒盗 / 「司牡丹」熱燗二合 / 「司牡丹」の絵柄


メヒカリ焼き / 「土佐鶴」熱燗二合 / 「土佐鶴」の絵柄


卓上の醤油 / おむすびで〆 / 今日のメニュー

店情報

《平成31(2019)年2月24日(日)の記録》

|

« 店情報: 須崎魚河岸「魚貴(うおたか)」(高知) | トップページ | 店情報: 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 須崎魚河岸「魚貴(うおたか)」(高知) | トップページ | 店情報: 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) »