« 店情報: 文化横丁「源氏(げんじ)」(仙台) | トップページ | 店情報: 五橋横丁「たんや善治郎 立ち呑み処」(仙台) »

やっと来れたよ四杯屋 … 文化横丁「源氏(げんじ)」(仙台)

Img_4996a

 石巻からの帰り道。仙台駅で途中下車して、長年の課題であった仙台の有名店、「源氏」へと向かう。

 仙台駅から歩いて10分ほどの文化横丁から、さらに細い路地の奥に、目指す「源氏」があった。

 店に着いたのは午後5時半。

 コの字カウンター20席程度の薄暗い店内は、パッと見たところすでに満席状態に見える。

 酒場関係の書籍などでよく拝見していた、和服に割烹着姿の美人女将が、

「こちら、ちょっと詰めていただいて、おひとり入らせてください。こちらにどうぞ」

 と、入口左手側に座っている先客お二人に声をかけてくれて、その間に入れてもらうことができた。

 席は木製の長椅子になっていて、一つの椅子に、男性だと3人ぐらい。小柄な女性だと4人ぐらいは座ることができるだろうか。(神保町「兵六」の長椅子と同じような形態。)

 そしてこれで、店内は本当に満席になったようで、私の次に店に入って来たひとり客は、「ごめんなさい」と断られていた。

 ここ「源氏」は、創業が昭和25(1950)年という老舗酒場。

 1杯900円のお酒には、1杯ごとにお通しの料理が付いてきて、基本的にはひとり4杯まで。

 カウンター奥の壁には料理の短冊メニューも並んでいて、お通しだけでは足りない人は、料理を追加注文することができる。

 今はなき野毛の「武蔵屋」(三杯屋)に近いイメージですね。「武蔵屋」の場合は、1杯めが1,200円(玉ねぎ酢漬け、おから、たら豆腐付き)、2杯めが+700円(納豆付き)、3杯めが+600円(お新香付き)で、3杯飲むと合計2,500円だった。

 ここ「源氏」も、3杯で止めると2,700円になるので、金額的にも似ている。

「お飲み物はどうなさいますか?」

 と聞いてくれる女将さんに、燗酒をお願いした。

 先ほど、お酒は1杯900円(お通し付き)と書いたが、実際には飲み物は「浦霞 特別純米 生一本」(1杯1,100円)、「高清水 初しぼり」(1杯1,000円)、「高清水 辛口」(1杯900円)、「国盛 にごり酒」(1杯900円)、「生ビール」(1杯1,000円)という5種類の中から選べる。

 季節によって、さらに別の銘柄が追加になったりもするようだ。

 私のように、銘柄を指定せずに「燗酒で」とお願いすると、「高清水 辛口」を出してくれるようだ。

 飲み方は「冷酒」「冷や(常温)」「燗」が選べるようだ。

 燗酒は、カウンター上段で、受け皿付きのグラスに注がれる。

 ちょうどすり切りまで注いでくれるんだけど、カウンターの上段から下段へと移すときの揺れで、受け皿のほうにちょっとだけ流れる。

 1杯めの燗酒に合わせて、「きゅうりと大根のぬか漬け」と「あん肝、ナマコ、ホヤ、ワカメの三杯酢」が出された。

 料理は少量なんだけど、日本酒にピッタリの、いいつまみである。

 午後5時半の時点で、すでに満席ということからもわかるように、仙台でもかなりの人気店のようで、地元のサラリーマンらしきお客さんから、私のように、よそから出張でやって来たらしいお客さんたちも入り混じり、まさに老若男女、幅広い客層である。

 ソフトドリンクなどは置かれていないので、お酒が飲める人じゃないと来れないのも、「武蔵屋」と同じだ。

 ゆっくりと30分ほどかけて1杯めの燗酒を飲み干して、2杯めを、やはり「高清水 辛口」の燗酒でおかわりすると、お通しには「冷奴」が出された。

 冷奴には、かつお節、刻みネギ、刻み海苔がたっぷりとトッピングされていて、卓上に置かれた醤油をさっとかけていただく。

 午後5時の開店から1時間ちょっとが経過し、軽く1~2杯のお酒を飲んで切り上げる人たちが入れ替わり始めた。しかし、空席状態が続くことはまずなくて、空いた席にはすぐ入れ替わりに次のお客さんたちが入ってくる。

 2杯めも30分ほどかけて、ゆっくりといただいて、3杯めは、ちょっと趣向を変えて、「浦霞 特別純米 生一本」に燗をつけてもらった。

 「高清水」は同じ東北でも秋田の地酒なのに対して、「浦霞」はここ宮城県は塩竈の地酒。地元のお酒もいただいておかなきゃね。

 3杯めのお通しは、刺身の盛り合わせ。盛り合わせと言っても、ソイ、ブリ、アジ、マグロがそれぞれ1切れずつ、ちんまりと盛り付けられたものだ。

 店内の比率は、『老若』の視点で見ると、『老』よりは『若』のほうが多くて、カップル客も割合多い。

 『男女』で見ると、やや『男』が多いけど、『女』も客全体の3分の1以上はいるんじゃないかなぁ。『男』ばかりという感じではない。

 3杯めも30分ほどかけて飲み干して、4杯めは「高清水 辛口」の燗酒に戻った。

「4杯めのお通しは、『お味噌汁』か『おでん』が選べます。どちらになさいますか?」

 という女将さんの問いかけに、お味噌汁をお願いした。

 4杯めに「お味噌汁」か「おでん」が選べるということは知っていて、実は「おでん」を選ぼうと思っていたのでした。

 ところがとなりの客が、少し前に「お味噌汁」を選択したところ、女将さんから、

「今日のお味噌汁は、ソイとタイのアラのお味噌汁です」

 という説明。その具材に引かれて、急きょ路線変更し、私も「お味噌汁」にしたのでした。

 汁ものでいただく日本酒ほど美味しいものはないしねぇ。

 ちなみに逆どなりのお客さんは「おでん」を選択。その内容は、玉子、ちくわ、シラタキ、コンニャク、さつま揚げ(4分の1個)でした。

 お酒1杯あたり約30分ずつ。2時間で4杯をいただいて、お勘定は3,800円でした。

 どうもごちそうさま。

Img_5011a Img_5009a Img_5008a
文化横丁の看板を頼りに / 細い路地を進んだ先に / 「源氏」の入口がある

Img_4998a Img_5002a Img_5005a
2杯めの冷奴 / 3杯めの刺身 / 4杯めの味噌汁

店情報

《平成31(2019)年3月29日(金)の記録》

|

« 店情報: 文化横丁「源氏(げんじ)」(仙台) | トップページ | 店情報: 五橋横丁「たんや善治郎 立ち呑み処」(仙台) »

コメント

いつも楽しみに拝読しています。

私、岩手に在住ですが、仙台に単身赴任の時、源氏にお世話になりました。一人、ゆったりとした時間を過ごして、仕事のストレスを流していました。
今でも、仕事で仙台泊の時は酔って(笑)しまいます。

あの燗酒器がほしくて(笑)
あれは、新政だけをお燗して、他のお酒は常温か冷ですね。源氏の燗酒器と、ビアライゼ’98のビールサーバーが欲しいです。

(源氏の作法で、箸を配膳のカウンターに上げたら、お会計の合図です。って、やる人を見なくなりましたが)

また、仙台?出張がありましたら、駅ビルのS-PAL 東館2階(東口通路から入ります)の 塩竃 しらはた を 立ち食い寿司 ですが、お勧めします。値段はちょっと張りますが、地物など食べられます。 駅の寿司屋横丁の魚辰が並んでるときなど、こっちに来ます。
塩竃の本店にも、はいらない珍しいものがあるときも。

投稿: PONTA | 2019.05.22 17:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 文化横丁「源氏(げんじ)」(仙台) | トップページ | 店情報: 五橋横丁「たんや善治郎 立ち呑み処」(仙台) »