« 店情報: 大衆酒場「トン幸(とんこう)」(生麦) | トップページ | イカ料理以外も大人気 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

ハチノスのもつ煮込み … 大衆酒場「トン幸(とんこう)」(生麦)

Img_4812xa

 大学時代の同級生Tさんが仕事で上京することになり、生麦の大衆酒場「トン幸」に同級生4人が集まった。

 ここ「トン幸」は、Kさんの行きつけの酒場の1軒。

 しかしながら、昨年、定年退職してからは行けていないそうで、今日はKさんも久しぶりだという。

 店は、そのKさんがあらかじめ予約してくれていたので、入ってすぐ右側の4人掛けテーブルに通された。

 店内には4人掛けテーブルが5卓あるが、このテーブル以外の4卓は、入って左側の壁際に並んでいる。ここだけがちょっと離れているので、静かに話ができる特等席というわけだ。

「お久しぶりねぇ。お元気だったの?」

 カウンターの中にいる女将おかみさんから、Kさんに声がかかる。

「なんとかやってます。なかなか来れなくてすみません」

 とKさん。さっそく「大瓶ビール」(650円)をもらって乾杯すると、すぐに出された「お通し」(100円)は、ひじきの煮物。

 そしてKさんがお勧めの料理を注文してくれた。

 「牛もつ煮込み」(450円)は、この店の名物メニューなんだそうで、これはひとりに1つずつ注文。ホルモン(腸)ではなくて、ハチノス(牛の第二胃)が使われているのがおもしろい。

 名物になるだけあって、これは旨いねぇ!

 「天豆そらまめ」(400円)は、「枝豆」(400円)とともに、ある時だけの季節メニューだそうだ。

 瓶ビールに続いては、芋焼酎「白波」をボトル(2,100円)でもらって、お湯割りやロック、水割りで。

 九州から上京してきたTさんは、焼酎ではなくて「にごり酒」(300ml瓶750円)。この「ねのひ 蔵搾り にごり酒」がかなり気に入ったようで、後でおかわりしていた。

 「ぴり辛らっきょう」(300円)は、その名のとおり唐辛子もたくさん入っていて、お酒が進む一品だ。

 「ホルモン焼」(450円)は、牛ホルモン(腸)を、玉ネギと共に炒めたもの。

 そして「小あじ南蛮漬」(400円)。全体像は残念ながらピンボケになってしまったので載せてないが、たっぷりのちぎりレタスや千切りキャベツの上に、半身に切り分けて揚げた小アジが何切れかのっていて、さらにその上に玉葱やニンジンのマリネがかけれている。

 これを小皿に取り分けながらいただく。

 今日は注文しなかったけれど、メニューには鮮魚の刺身も並んでいる。

 店内は、満員というほどではないが、そこそこのお客さんたちが入っていて、にぎわっている。

 店頭に「大衆酒場」と書かれているとおり、ほとんどのメニューが千円未満。というか、8割がたは500円以下だ。

 近所の呑兵衛たちにとっては、とてもうれしいお店なんだろうなぁ。

「Kさん、『あんきも』もありますよ」と女将さん。

「あっ、忘れてた。『あんきも』を食べなきゃ。お願いします」と、すぐに注文するKさん。

 「あんきも」(500円)はKさんの好みなんだそうで、この店に来るといつも注文してたんだそうな。それを女将さんが覚えていて、声をかけてくれたんですね。

 たっぷりと4時間ほど楽しんで、今宵のお勘定は4人で10,450円(ひとり当たり2,600円ほど)でした。どうもごちそうさま。

 じっくりと、ひとりでも楽しんでみたい酒場です。

Img_4807a Img_4810a Img_4808a
「トン幸」 / お通しのひじき煮 / 天豆(そらまめ)

Img_4813a Img_4814a Img_4815a
牛もつ煮込み / 大瓶ビール / ぴり辛らっきょう

Img_4820a Img_4821a Img_4826a
ホルモン焼 / 小皿に取り分けた小あじ南蛮漬 / 芋焼酎湯割り

Img_4828a Img_4830a Img_4831a
あんきも / にごり酒 / 店内の様子

店情報

《平成31(2019)年3月22日(金)の記録》

|

« 店情報: 大衆酒場「トン幸(とんこう)」(生麦) | トップページ | イカ料理以外も大人気 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 大衆酒場「トン幸(とんこう)」(生麦) | トップページ | イカ料理以外も大人気 … 立呑み「やきや」(荻窪) »