« 地元に戻って立ち呑み … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 長崎産の天然ヒラマサ … 居酒屋「丸山(まるやま)」(阿佐ヶ谷) »

献杯・木村喜久代さん … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)

Img_5284a

 2019年3月31日。野毛の「武蔵屋」のおばちゃんこと、木村喜久代(きむら・きくよ)さんが亡くなった。97歳だった。(神奈川新聞の記事その魚拓

 小さいおばちゃんこと、妹の富久子さんも昨2018年11月に、94歳で亡くなったそうだ。

 今日、4月7日は、おばちゃんのお通夜。

 式場にはご親戚のみなさんや、「野毛武蔵屋 三杯屋の奇跡」で、おばちゃん役を演じた五代路子さんをはじめ、おおぜいのみなさんが集まっていた。

 私自身が「武蔵屋」に初めて行ったのは、今から19年前、2000年10月6日のこと

 看板ものれんもなくて、外から見たら酒場とはわからない。店内には品書きもなくて、土瓶から注がれる1杯ごとの燗酒に、つまみとなる定番の料理が付いてくる。

 こんな酒場は初めてだった。

 この酒場を知ったことで、「酒場浴」という酒場の楽しみ方に出会うことができた。

 そしてそれが、その後の居酒屋巡りの原点ともなったことは、「古典酒場 VOL.12 FINAL号」(2013年5月20日、三栄書房)の特集「古典酒場、ボクの原点」にも載せていただいた。

 その後、横浜に単身赴任したこともあって、「武蔵屋」にも足しげく通っていたのだが、ブラジルへの単身赴任からの一時帰国していた、2014年12月3日に訪問したのが最後となり、その翌年の2015年7月31日、私がブラジルにいる間に「武蔵屋」は閉店した。(ブラジルブログでの記事神奈川新聞の記事その魚拓

 「武蔵屋」の閉店に立ち会えなかったのは残念だったが、その後、2017年7月9日に開催された、おばちゃんの95歳の誕生日をお祝いする会に出席させていただくことができ、お元気そうなおばちゃんにお会いすることができた。

 顔色もよく、しっかりとスピーチもされていたので、軽く100歳越えをして、まだまだその先までもと思っていたのですが……。急な訃報に驚いた次第です。

 お通夜の会場にだれか知ってる人がいたら、おばちゃんのことを語り合い、懐かしみながら、一緒に献杯しようと思っていたのだが、会場の待合室が奥まった造りになっていることもあって、残念ながら知り合いに出会うことはできませんでした。

 式場を出て、桜が咲きほこる大岡川沿いを野毛の街に向かう。

 日ノ出町エリアに入ると、「第一亭」が営業中だったので、迷わず「第一亭」に入った。

 日曜日も、店内は満席近いにぎわいになっているものの、カウンター席の奥のほうが空いていて、そこに座ることができた。

 まずは「ビール」(キリンラガービール中瓶、550円)をもらって、ひとり静かに「武蔵屋」のおばちゃんに献杯する。

 つまみには「ホルモン炒め」(600円)をもらう。

 「ホルモン炒め」は、豚の腸を炒めたもの。

 この店には豚の腸を炒めた料理が2種類あって、もう一つは「もつ炒め」(600円)だ。

 生の腸を炒めて味噌で味付けたのが「ホルモン炒め」。湯通しした腸を炒めて醤油で味付けたのが「もつ炒め」なのだ。

 その「ホルモン炒め」の皿に残った味噌ダレ。これを残すのはもったいないと「冷やっこ」(300円)と「月桂冠」(400円)の常温を注文したところ、なんと「冷やっこ」が売り切れ。

「このタレをつけて食べたら美味しそうなもの、なんかないかなぁ?」

 と調理場のおにいさんに聞いてみると、

「トマトなんか、いいんじゃないですか」

 とすすめてくれて、その「トマト」(300円)をいただいた。

 真っ赤に熟したトマトがいかにも美味しそう。これを残った味噌ダレに浸しながらいただきました。

 お酒が、「武蔵屋」の定番だった「櫻正宗」ではなくて、「月桂冠」なのがちょっとだけ残念だけど、同じ日本酒ということでお許しいただこう。

 さっくりと1時間弱の献杯タイム。お勘定は1,850円でした。どうもごちそうさま。

 このあと、「武蔵屋」があった場所にも行って、少し野毛の街を散策して帰ったのでした。

Img_5285a Img_5283a Img_5286a
通夜式会場 / 武蔵屋の絵画 / 大岡川を野毛に向かう

Img_5304a Img_5291a Img_5293a
「第一亭」 / ビール / ホルモン炒め

Img_5294a Img_5299a Img_5297a
トマトを / 味噌ダレでいただく / 月桂冠(常温)

Img_5303a Img_5308a Img_5310a
ごちそうさま / ハルさんもお通夜に出席 / 「武蔵屋」があった場所

店情報前回

《平成31(2019)年4月7日(日)の記録》

|

« 地元に戻って立ち呑み … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 長崎産の天然ヒラマサ … 居酒屋「丸山(まるやま)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地元に戻って立ち呑み … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 長崎産の天然ヒラマサ … 居酒屋「丸山(まるやま)」(阿佐ヶ谷) »