« 店情報: 串やき「五條 名驛(ごじょう めいえき)」(名古屋) | トップページ | かき揚げ天つまで一杯 … 麺亭「憩(いこい)」(名古屋) »

オススメのイカだんご … 串やき「五條 名驛(ごじょう めいえき)」(名古屋)

いかだんご

 早めの夕方からの移動で、名古屋に到着したのは午後6時半。

 名古屋に来ると、よく行くのが「大甚本店」なんだけど、今日は宿泊先のホテルからもほど近い、「五條 名驛」にやって来た。

 いかにも大衆酒場といった雰囲気の店内は、左手に厨房とカウンター席があり、右手にはテーブル席のフロアが広がっている。

 先客はカウンター席(6席程度)の一番奥に男性一人客。テーブル席には会社帰りらしいグループ客が2組5人ほど。

 私はカウンター席の手前側に座り、まずは「生ビール」(450円)と「どて焼」(320円)を注文すると、すぐにカウンター越しに熱々のおしぼりを出してくれた。

 店は年配のご夫婦が二人で切り盛りしている。

 私以外のお客さんたちは、みんなご常連の様子で、店内はゆったりとした空気であふれている。

 出てきた「どて焼」は、いわゆる“もつ(豚腸)の味噌煮込み”だ。黒々とした味噌の色が、いかにも名古屋ですねぇ。

 続いては「串かつ」(80円)を2本お願いすると、「味噌でいいですか?」と店主。そう聞かれるってことは、きっとそれがオススメなんだろうな。「はい!」とお願いした。

 まず出されるたっぷりのキャベツがサービスで出され、すぐに「串かつ」の味噌もやって来た。

 「串かつ」の味噌は、できあがった「串かつ」を、味噌おでんの鍋にトプンと浸けて出してくれるもの。コクのあるミソ味が素晴らしい。

 生ビールに続いては、「ハイボール」(350円)をもらう。

 ちょうど目の前が、串焼きのネタケースなので、次は串焼きを焼いてもらうことにする。

 「串物は2本以上でお願いします」と書かれているので、「とん焼」(1本80円)と「肝焼」(1本90円)を、それぞれ2本ずつ注文した。

 「とん焼」は豚腸、「肝焼」は豚レバ。それぞれタレ焼きで出してくれた。

 名古屋でも、普通にもつ焼きを食べることができるんですね。これはいいことを知った。

 カウンターの常連さんが「あじフライ」(200円)を注文したので、私も「あじフライ」を便乗注文。少し前にテーブル席のお客さんも「あじフライ」を注文していたので、ちょっと気になっていたのだ。

 カウンター上に置かれているソースは2度づけ禁止なので、「あじフライ」そのものをドプンと浸けることはせず、キャベツを使って、ちょっとずつソースをつけながらいただいた。

 店主によると、この店の三大オススメは「らっきょ」(350円)、「手羽唐揚」(500円)、「いかだんご」(1本180円)とのこと。

 ただし「らっきょ」は今はなくて、6月頃に始まるそうだ。

 「うちは鳥取産の『らっきょ』を使ってるんだけど、今の時期はまだ鹿児島産しかないんですよ」と女将さん。

 カウンターの常連さんは「なんこつ」(1皿300円)と「豚足」(300円)もオススメだと教えてくれた。「豚足」はポン酢醤油で食べるのがいいんだって。

 「ハイボール」をおかわりし、オススメいただいた5品の中から、「いかだんご」を2本、注文した。

 出てきた「いかだんご」は、コロコロっと丸い練りものが1串に3個。できたての熱々で出してくれる。

 1時間半ほど楽しんで、お勘定は2,730円(2,530円+10円未満切り捨ての消費税)でした。どうもごちそうさま。

Img_6257a Img_6258a Img_6260a
「五條 名驛」 / 生ビール / どて焼

Img_6262a Img_6264a Img_6265a
串かつ、キャベツ / ハイボール / 肝焼、とん焼

Img_6270a Img_6273a Img_6275a
あじフライ / いかだんご / 味噌おでんの品書き

店情報

《令和元(2019)年5月14日(火)の記録》

|

« 店情報: 串やき「五條 名驛(ごじょう めいえき)」(名古屋) | トップページ | かき揚げ天つまで一杯 … 麺亭「憩(いこい)」(名古屋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 串やき「五條 名驛(ごじょう めいえき)」(名古屋) | トップページ | かき揚げ天つまで一杯 … 麺亭「憩(いこい)」(名古屋) »