« 帰京してイカミミ刺身 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 後ろの壁に袋菓子あり … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

イカ軟骨串のタレ焼き … 立呑み「やきや」(荻窪)

いかなんこつ焼

 

 昨日に続いて荻窪「やきや」である。

 「ホッピー」(320円)をもらって、今日は「げそ揚げ」(200円)からスタートする。

 以前はあちこちの酒場に出かけていくのが楽しみだったんだけど、今はどっちかというと、行きつけの酒場で、の~んびりと過ごしている時間がいちばん好きになってきた。

 ブラジルに1年半ほど単身赴任している間に、行きつけの酒場が2軒もあれば、それで十分なんだということが、身に染みてわかったことも大きかったかな。

 「ナカ(おかわり焼酎)」(160円)をもらって、「いかみみ焼」(200円)を注文すると、すでに売り切れ。代わりに「いかなんこつ焼」(200円)を焼いてもらう。

 イカ軟骨というのは、イカの頭部(足の上部で、胴体の下)にある、脳や目を守っている軟骨のこと。

 軟骨とは言うものの、豚軟骨(気道)や鶏軟骨(ヤゲン)ほど硬くなくて、普通のイカの身よりもちょっと硬くて弾力感がある程度。

 これを串に刺してタレ焼きにしてくれる。

 3杯めとなる「ナカ」に合わせて、「いか納豆」(200円)と「冷奴」(170円)をもらう。

 「いか納豆」は、細かく刻んだイカ刺身と納豆、それに刻みネギ。ワサビが添えられているのがポイントだ。

 これに醤油をちょっとかけてかき混ぜる。

 このままいただいてももちろん美味しいんだけど、これをちょいと冷奴の上にのせて、冷奴と一緒にいただくよ、より旨い。このところ、この食べ方にはまっているのだ。

 この2品で、4杯めの「ナカ」ももらって、1時間半ほどの立ち飲みタイム。

 今日のお勘定は1,570円でした。どうもごちそうさま。

Img_6419a Img_6409a Img_6410a
立呑み「やきや」 / ホッピー / げそ揚げ

Img_6414a Img_6415a Img_6418a
冷奴 / いか納豆 / よくかき混ぜていただく

店情報前回

《令和元(2019)年5月17日(金)の記録》

(次回)19.07.04 げそ3品にもつ煮込み … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« 帰京してイカミミ刺身 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 後ろの壁に袋菓子あり … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰京してイカミミ刺身 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 後ろの壁に袋菓子あり … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »