« ひとり呑みが広がって … 「第三秋元屋(だいさんあきもとや)」(野方) | トップページ | 店情報: 支那そば屋「こうや」(四ツ谷) »

いか納豆と同時に冷奴 … 立呑み「やきや」(荻窪)

Img_5560a

 お腹が空いてるときの最初のつまみとして、「いか納豆」(200円)&「冷奴」(170円)がとてもいい。

 醤油をちょっとだけ多めにかけて、よ~くかき混ぜた「いか納豆」で、「冷奴」をいただくのだ。

 「冷奴」はそのまま食べても、もちろんいいつまみになる。必ず「冷奴」を注文している常連さんも多い。

 でも、せっかくの「やきや」なので、こうして「いか納豆」と合わせて「冷奴」をいただくか、「自家製塩辛」(200円)と共に「冷奴」をいただくのがいいよねぇ。

 そうそう。「もつ煮込」(170円)をもらって、その残り汁に「冷奴」を投入して食べるのもおすすめです。

 火曜日の今日、「やきや」に到着したのは午後6時20分。

 立ち飲みカウンターは満員で、奥の立ち飲みテーブルの一番奥の、テーブル短辺の部分だけがポツンと空いていた。

 「ホッピー」(320円)をもらって、まず注文したのが冒頭の「いか納豆」&「冷奴」。

 これで「ナカ(おかわり焼酎)」(160円)をもう1杯いただいた。

 3杯めとなる「ナカ」に合わせて注文したのは「いかげそ焼」。

 スルメイカ1匹分のゲソを、連なったまま焼き上げて、できあがったところで足1本1本を切り分けて、マヨネーズを添えて出してくれる。つまり1人前が、イカ1匹分。ゲソ10本だ。

 ゲソはタレ焼きされているので、添えられたマヨネーズに七味唐辛子を振りかけて、ちょっとピリ辛めにしていただくのが旨い。

 4杯めには「げそ揚げ」(200円)を、『タレかけ』オプションでお願いした。

 『タレかけ』は、「珍味わたあえ」が売り切れた後、その器に残っているタレをかけてもらうオプション。ひとり1度だけお願いすることができる。(「珍味わたあえ」を食べた人はお願いできません。)

 私はいつも「げそ揚げ」を『タレかけ』にしてもらっているが、「いかなんこつ焼」にも合うと思う。

 今夜も1時間半ほどの立ち飲みタイム。お勘定は1,570円でした。どうもごちそうさま。

Img_5569a Img_5554a Img_5556a
立呑み「やきや」 / ホッピー / 冷奴

Img_5558a Img_5561a Img_5562a
いか納豆 / かき混ぜていただく / 5月連休の予定

Img_5563a Img_5565a Img_5567a
いかげそ焼 / マヨネーズに七味唐辛子 / げそ揚げ(タレかけ)

店情報前回

《平成31(2019)年4月23日(火)の記録》

(次回)19.06.08 スペシャルなゲソ揚げ … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« ひとり呑みが広がって … 「第三秋元屋(だいさんあきもとや)」(野方) | トップページ | 店情報: 支那そば屋「こうや」(四ツ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとり呑みが広がって … 「第三秋元屋(だいさんあきもとや)」(野方) | トップページ | 店情報: 支那そば屋「こうや」(四ツ谷) »