« 博多おでんに柚子胡椒 … 「マリコ食堂」(赤坂@福岡県) | トップページ | イカ軟骨串のタレ焼き … 立呑み「やきや」(荻窪) »

帰京してイカミミ刺身 … 立呑み「やきや」(荻窪)

みみ刺をわたダレで

 

 福岡での仕事も無事に終わり、博多駅で「かしわめし」(770円)と「スーパードライ(ロング缶)」(330円)を購入して、新幹線に乗車。

 ここから東京まで5時間弱も乗車するので、エクスプレス予約のグリーン特典を利用して、グリーン車にアップグレードした。

 この「かしわめし」をチビチビとつまみながら、ゆっくりとビールを飲む。

 「かしわめし」は、今回の折尾(北九州市)の「東筑軒」のものの他、鳥栖(佐賀県)の「中央軒」のものなど、複数の駅弁会社から出されている。

 パソコンをつついたり、うつらうつらと眠ったりしているうちに、もう東京。

 中央線に乗り換えて、荻窪「やきや」に到着したのは午後6時。

 店に着く直前に、男性ひとり客と、一組のカップルが「やきや」から出てきた。

 ということは、少なくとも3人は入れるってことですね。

 これで「いてるかなぁ?」という不安は払しょくされた。

 「やきや」から出てきたカップルとすれ違う時に、カップルの女性が、

「お店のおねえさん、宇多田ヒカルに似てるよね」って。

 おぉ。言われてみれば、そうかもしれん。

 店に入ると、いちばん奥の立ち飲みテーブルに空きがあったので、そこに立ち、久しぶりとなる「ホッピー」(320円)と「珍味わたあえ」(200円)を注文した。

 1杯めのホッピーはスゥ~ッと飲み干して、すぐに「ナカ(おかわり焼酎)」(160円)をもらう。久しぶりのホッピーは吸い込みがいいねぇ。

 しばらくして「いかみみ刺身」(200円)を注文すると、「いかみみ刺身」はこれで売り切れとなった。

 「珍味わたあえ」の残りダレに、ワサビを溶きこんでいただく刺身がうまいんだな。

 この「いかみみ刺身」で3杯めのホッピーもいただいて、4杯めとなる「ナカ」と共に「自家製塩辛」(200円)を注文した。

 「やきや」では、ホッピー(ナカとソトのセット)1回に対して、追加注文できるナカは3回まで。つまりソト1・ナカ4が最大限だ。

 また複数人で来た場合にも、ホッピーはひとりずつ注文する必要がある。『ひとりはホッピー(セット)をもらい、もうひとりはナカだけもらって、ソトは二人で分け合う』なんて飲み方はできませんのでご注意を。

 4杯めのホッピーを飲み終えてもまだ「自家製塩辛」が残っていたので、「酒一杯」(250円)を冷酒でもらう。

 「酒一杯」は、昨年4月に亡くなった大将がこれと決めた、北海道の「北の誉」だ。冷酒、常温、燗酒の3種が選べる。

 大将も女将さんも、お酒は飲めないらしいのに、酒もさかなも、ズバリと呑兵衛好みなのがすごいね!

 最後に「漬物」(170円)をもらって、「自家製塩辛」の残りダレを、白菜漬けに絡めるようにしていただく。

 なお「自家製塩辛」のタレは、塩分量がそれほど多くないので、そのままつまみとして飲み干してる常連さんもいます。

 ゆっくりと2時間弱の立ち飲みタイム。今宵のお勘定は1,820円でした。どうもごちそうさま。

Img_6388b Img_6393b Img_6394b
東筑軒のかしわめし / ビールと共に / 参考:中央軒のかしわめし

Img_6407a Img_6395a Img_6396a
荻窪「やきや」 / ホッピー / 珍味わたあえ

Img_6398a Img_6400a Img_6402a
いかみみ刺身 / わたダレでいただく / 自家製塩辛

Img_6403a Img_6404a Img_6405a
漬物 / 塩辛ダレでいただく / 酒一杯(冷酒)

店情報前回

《令和元(2019)年5月16日(木)の記録》

|

« 博多おでんに柚子胡椒 … 「マリコ食堂」(赤坂@福岡県) | トップページ | イカ軟骨串のタレ焼き … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 博多おでんに柚子胡椒 … 「マリコ食堂」(赤坂@福岡県) | トップページ | イカ軟骨串のタレ焼き … 立呑み「やきや」(荻窪) »