« 店情報: お食事処「お宝亭(おたからてい)」(肥前鹿島) | トップページ | 店情報: 食楽亭「こころ」(肥前鹿島) »

温泉のあとのお楽しみ … お食事処「お宝亭(おたからてい)」(肥前鹿島)

Img_6072ab

 T先輩と一緒に肥前鹿島にやって来た。私自身は初めての肥前鹿島だけれど、T先輩はすでに数回、こちらに来られている。

 宿泊先の宿も、そのT先輩が手配してくれたのだが、この宿、なんと祐徳温泉(株)の系列なんだそうで、通常は700円する「ひぜん祐徳温泉宝乃湯」の無料入浴券がもらえる他、その温泉までの無料送迎もしてもらえる。

 チェックインして荷物を置いたら、すぐに温泉に向かって出発である。

 この温泉が、露天風呂の他、打たせ湯、内湯大浴場、浮き湯、寝湯、座り湯、気泡浴、電気浴、エステバス、源泉浴、遠赤外線サウナ、蒸気サウナ、水風呂と、実に13タイプものお風呂が用意されているのだ。

 ゆっくりと時間もあったので、すべてのお風呂を回ってみました。

 お風呂上りは、これまたT先輩に連れられて、同じ温泉施設内にあるお食事処「お宝亭」へ。

 温泉に浸かったあと、この「お宝亭」で飲んで帰るのも定番のコースなんだそうな。

 料理はメニューブックから注文することもできるが、大衆食堂と同じように入口の陳列ケースの中に並んでいるおかずをもらうこともできる。

 私は陳列ケースから「あら煮」(200円)と「ささゆき」(200円)をもらって、飲みものは「生ビール」を注いでもらうと、普段は500円の生ビールが、今日はサービス価格で半額(250円)だった。

 「ささゆき」は、佐賀県の東側エリア定番の豆腐なんだそうで、漢字で書くと「笹雪豆腐」。「呉豆腐ごどうふ」とも言うらしい。

 普通の豆腐が、豆乳を「にがり」で固めているのに対して、笹雪は「にがり」の代わりに「でんぷん粉」を練り込んで固めてるんだそうな。

 だからプリッと弾力感が強くて、しかもとてもやわらかいおもちを食べてるようなモッチリ感もある。

 生ビールを飲み終えて、T先輩が芋焼酎(350円)の湯割りと、追加のつまみをもらいに行くのについて行って、私は麦焼酎(350円)の水割りだけもらってきた。

 午後3時ごろに、福山でたっぷりの定食をつまみに飲んだあとは、電車で移動するだけで、ほとんど動いていないので、あまりお腹も空いていないのだ。

 麦焼酎の水割りは、徳利にいっぱい(正一合)の焼酎に、大きなポットにたっぷりの冷水、そして氷入りのグラスが渡される。これで勝手に水割りを作って飲むわけですね。

 T先輩の芋焼酎お湯割りも同じ感じ。徳利の焼酎に、大きなポットのお湯である。

 どちらも普通に作ると2~3杯は飲める。これで350円は安いねぇ。

 温泉の後、この「お宝亭」で1時間ほど楽しんで、私の総支払額は1,000円でした。どうもごちそうさま。

Img_6072bb Img_6072cb Img_6078b
ささゆき / あら煮 / 麦焼酎水割り

店情報

《令和元(2019)年5月7日(火)の記録》

|

« 店情報: お食事処「お宝亭(おたからてい)」(肥前鹿島) | トップページ | 店情報: 食楽亭「こころ」(肥前鹿島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: お食事処「お宝亭(おたからてい)」(肥前鹿島) | トップページ | 店情報: 食楽亭「こころ」(肥前鹿島) »